Twitterを始めました。よろしければフォローください。

2018年 シンガポール旅行 2日目昼

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2018年 シンガポール旅行 2日目昼

リンクはこちらから:2018年 シンガポール旅行 1日目夜

シンガポール旅行の2日目昼の様子をお伝えします。

昨晩の酒のダメージが残っていて、2日目は昼1時頃から行動開始です。友人と4時にマリナーベイズ・サンズで待ち合わせをしていたため、それまでに軽い観光をしてきました。

 

ランチ チキンライス

昼過ぎになり小腹が減っていたので、ホテルの近くのローカルレストランで昼食を食べました。いつも同じにホテルに泊まるため、このレストランはすでに何回目かの訪問になります。もちろんオーダーしたのはシンガポール名物のチキンライス(ロースト)です。

チキンは軽くローストしてあるので、表面がパリッとして香ばしい食感です。また、濃厚な煮タレがあり、タレを掛けて食べると絶品のチキンライスになります。ご飯は鶏がらスープで炊きこんであり、気のせいか二日酔いが癒やされます。

値段はスープ付きのチキンライスと水で5.1ドルとローカルプライスでした。

■ローカルレストラン SELERAシンガポール

■チキンライス+水 5.1ドルシンガポール

シンガポールフライヤー&F1コントロールタワー

ランチの後に向かったのはMRTのプロムナード(Promenade)駅です。

シンガポールの巨大観覧車、シンガポール・フライヤーの最寄り駅になります。大き目のゴンドラに乗り、最大165mの高さからシンガポールの景観を一望できます。1周30分で料金は33ドルです。ケチな私はワインは飲めても、観覧車に33ドル払う余裕はないので、目の前を通り過ぎるだけでした。

プロムナード駅で降りた目的はF1のコースを見るためでした。シンガポール・フライヤーが最終コーナーにあり、少し歩くとメインストレートでF1のコントロールタワーがあります。この日は何かのイベントのためかメインストレートは閉鎖されており、コントロールタワーの近くに行くことはできませんでした。余裕があればF1コースを徒歩で1周しようと考えておりましたが、暑さと二日酔いで戦意喪失しました。

マリーナベイズ・サンズはシンガポール・リバーを挟んだ向かい側にあり、銀色のスパイラル状の橋を渡り徒歩で行くことができます。

リングはこちらから:シンガポール・フライヤーのウェブサイトへ

■シンガポール・フライヤーシンガポール

■特大ゴンドラシンガポール

■F1コントロールタワーシンガポール

■マリーナベイズ・サンズ シルバーの歩道橋を渡って行けますシンガポール

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイはマリーナベイズ・サンズの隣りにある、総面積101ヘクタールの巨大な国立公園です。一部有料のアトラクションもありますが、殆どが無料エリアでだれでも自由に入場することができます。すべてを見ると半日くらい掛かると思いますが、昼間は暑くてそこまで耐えられないかと思います。無料エリアを1時間くらい掛けて散策し、マリーナベイズ・サンズに向かいました。

リンクはこちらから:ガーデンズ・バイ・ザ・ベイのウェブサイトへ

■有料パビリオンシンガポール

■こちらも有料で上に登れますシンガポール

■シンガポール・リバーを挟んでのシンガポール・フライヤーシンガポール

■マリーナベイズ・サンズシンガポール

マリーナベイズ・サンズ ショッピングモール&カジノ

マリーナベイズ・サンズはシンガポールのランドマークで、屋上のプールが有名な総合リゾートホテルです。ホテル内にはレストラン、ショッピングモール、カジノなどがあり、1周するには半日くらい必要です。2010年に開業したホテルで、シンガポールの発展を象徴する場所になっております。

マリーナベイズ・サンズにはカジノがありますので、ブラックジャックをプレイしてきました。カジノに入るにはパスポートが必要なので忘れないようにしてください。また、カジノ内は写真撮影厳禁なのでご注意ください。シンガポールのブラックジャックはミニマムレート25ドル(約2千円)からで、マカオよりは安く遊べます。

香港駐在時代にはマカオに度々通っていましたが、この日は久しぶりのブラックジャックでした。とはいえブラックジャックは既に引退していますので、30分くらい軽く遊んでなんとかドローで退散しました。

リンクはこちらから:マリーナベイズ・サンズのウェブサイトへ

リンクはこちらから:2018年 シンガポール旅行 2日目夜

リンクはこちらから:シンガポール旅行 総括 費用・飛行機・ホテルなど

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
2018シンガポール
Shepardをフォローする
シェパードの東南アジア放牧記 from パタヤ

コメント

  1. kais より:

    建築物が、近代的ですね。
    確かに、勢いを感じます。魅力的です。
    行きたくなりました。

    • Shepard より:

      kais様

      この発展がいつまで続くか分かりませんが、マリーナベイズ・サンズの開業以降は絶好調です。
      マレーシアから追放されてできた、赤道直下の不思議な多民族国家です。