LCCの機内持ち込み手荷物の制限

最近LCCエアラインの機内持ち込み手荷物が厳しくなっているようです。LCC各社の機内持ち込み手荷物の制限についてまとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LCCの運賃体系と手荷物

LCCはLow-cost carrierの略で運賃の安さが特徴のエアラインです。運賃体系はオプション制を採用しており、機内食、飲み物、シート指定、荷物預入れ、遅延・欠航保険はすべて別料金が必要になります。最近は頻繁にLCCのプロモーションを見かけますが、オプションなしの料金提示で、オプションを追加するとレガシーキャリアとあまり値段が変わらなくなることもあります。

値段を追求してLCCを選択するのであれば、すべてのオプションを外すのがポイントです。例えば、食事は空港で済ませ、ペットボトルを持ち込み、シートは運まかせで、荷物を機内に持ち込み、保険に加入しなければ、最低価格のチケットをゲットできます。

私も何度かLCCに乗っていますが、これまでは機内持ち込み手荷物の規定や運用は緩く、ほとんどフリーパスで持ち込めました。しかし、最近では機内手荷物の規定を改定し、運用も厳しくなっているようです。手荷物の持ち込み容量を超えた場合には、3-5千くらいの追加費用(事前予約より割高)が掛かりますのでご注意ください。

機内持ち込み手荷物のサイズ・重量など

私が利用したことのある、LCC5社の機内持ち込み手荷物の規定をまとめてみました。スクート以外は横並びで、以前より厳しい方向に改定されています。スクートも今後同様に改定される可能性はあるのかと思います。

機内に持ち込める手荷物はメインのキャビンバッグと小さな手荷物の2つです。メインバッグの最大サイズは56cm×36cm×23cmで、多くの小型のキャリーケースはこの規格に合わせて作られています。

小さな手荷物についてはハンドバッグ、紙袋、パソコンなどのことで、各社でサイズが定められていますが、常識的な大きさであれば問題ないと思います。

一方で問題になるのが重量で、メインとサブバッグを合わせて7kgになります。以前は重量制限が10kgだったり、メインバッグだけでサブバッグには重量制限がなかったりして、ほとんどフリーパスで搭乗できました。今後どこまで厳格な運用がされるかは分かりませんが、手荷物の重量制限はLCCに乗るときに留意すべきポイントです。ちなみにハードシェルのキャリーケースは重量が3kg以上あるのでご注意ください。

エアアジアジェットスタースクート香港エクスプレスベトジェット
数量メイン+サブメイン+サブメイン+サブメイン+サブメイン+サブ
高さ56cm56cm54cm56cm56cm
長さ36cm36cm38cm36cm36cm
奥行き23cm23cm23cm23cm23cm
重量合計7kg合計7kg合計10kg合計7kg合計7kg

エアアジア

LCC 手荷物

ジェットスター

LCC 手荷物

スクート(タイガーエアー)

LCC 手荷物

香港エクスプレス

LCC 手荷物

ベトジェット

LCC 手荷物

現在の運用

私が今月(2018年8月)にLCC社に乗ったときの機内持ち込み手荷物の運用状況をお伝えします。ソフトシェルのメインバッグと肩掛けのサブバッグを持って、LCCにチェックインしました。

ジェットスターとベトジェットについては、メインバッグのみカウンターの計量器で重量を計測されました。私の場合はサブバッグは計量外でしたが、この辺りは係員の裁量になるのかもしれません。東南アジアではこのまま緩い運用が続くのかもしれませんが、一応は新しい規定に沿った手荷物にすべきだと思います。

また以前はチェックイン時に手荷物を計量されることは殆どありませんでしたので、厳しい方向に向かっているのは間違いないのかと思います。

LCC空港運用
ジェットスタースワンナプームメインバッグのみを計量
ベトジェットホーチミンメインバッグのみを計量
エアアジア香港フリーパス
(ハードシェルは計量していた)

東南アジア間のLCCは殆ど片道1万円以下で利用でき、大変便利なエアラインです。機会があればLCCを利用した旅行もお試しください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
交通手段
Shepardをフォローする
シェパードの東南アジア放牧記 from パタヤ

コメント