Twitterを始めました。よろしければフォローください。

台湾旅行3 北回帰線の街 嘉義

本日は明日の朝に阿里山森林鉄道に乗るため、台北から嘉義に移動しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

台北→嘉義

台北から嘉義へはタイ国鉄の特急電車を利用しました。少し旧式の電車で約3時間半かかりますが、乗り心地はよく、定刻どおりに嘉義駅に到着しました。新幹線(HSR)の嘉義駅とは距離が離れているのでご注意ください。

■台湾国鉄特急電車 自強号嘉義

■嘉義駅 嘉義の新幹線駅からは離れている嘉義

北回帰線標塔公園

嘉義は北緯23.5度の北回帰線の上に位置しており、台湾ではここをさかえに暑さ、寒さが分かれると言われてるようです。嘉義駅から4-5km離れたところに北回帰線の標識があるようなので、見に行ってきました。バスで公園の正面までいけますが1時間に1本程度で、帰りはタクシーもあまり走っていないようなのでご注意ください。

公園には北回帰線の標識が立っていますが、北回帰線は毎年少しずつ移動しているようで、現在は6代目の指標のようです。また宇宙をテーマにした公園になっており、NASAのロケットが展示してあったり、北回帰線太陽館もあり無料で入場できます。

■北回帰線標塔行きのバス時刻表嘉義

■北緯23.5度のブリッジ北回帰線

■第6代北回帰線の標識北回帰線

■NASAのロケット北回帰線

■北回帰線太陽館北回帰線

■スペースシャトル北回帰線

■宇宙飛行士北回帰線

■月面探索車北回帰線

阿里山森林鉄道車庫公園

嘉義駅から徒歩で15分位行ったところに、阿里山森林鉄道車庫公園があります。公園内には鉄道の整備工場があり、退役した昔の車両も展示されています。

■阿里山森林鉄道車両阿里山森林鉄道

■蒸気機関車1阿里山森林鉄道

■蒸気機関車2

阿里山森林鉄道

嘉義市内

嘉義市は思ったより大きな街で、気候も台北よりだいぶ暖かく感じます。観光地ではなくとりわけ見るべきところはありませんが、嘉義駅の正面口の一体が街の中心部となっています。コンビニなどはありますが、あまり食事をするところはないのでご注意ください。

■KANOの銅像 日本統治時代に甲子園で準優勝したとか?嘉義市内

■中国寺院嘉義市内

■昼食 スペアリブ丼 70台湾ドル嘉義

■夕食 牛肉焼飯+水餃子+ビール大瓶 190台湾ドル嘉義市内

■おまけ 太陽パチンコ(パチスロ?)嘉義市内

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
2019台湾
Shepardをフォローする
シェパードの東南アジア放牧記 from パタヤ

コメント