速報:3月1日からタイのリタイアメントビザのルール変更???

3月1日からタイのリタイアメントビザのルール変更のニュースが流れていたので共有します。ビザ申請時に必要な銀行預金残高の80万バーツに変更はありませんが、銀行への預入期間が変更されます。既に入国管理局から正式にアナウンスされていますが、本当に3月1日から実施されるのかは懐疑的なところもあるのでご注意ください。

ソースは英文ニュールからで、翻訳の伴う私の誤解がありましたらご容赦ください。

2019年2月25日追記
ThaiVisa Forumのサイトでタイ政府からのドキュメントの英訳版を見つけましたので掲載します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

現行のルールと変更点

現行のリタイアメントビザ取得の主な要件は、満50歳以上でタイ国内の80万バーツの銀行預金があることです。銀行預金は申請日の3ヶ月前から80万バーツをキープする必要がありますが、ビザ申請後の規定はありません。

新しいルールは銀行預金の80万バーツは同じですが、預入期間が大幅に長期化されました。

・ビザ申請日の2ヶ月から80万バーツ以上必要
・ビザ取得日から3ヶ月間は80万バーツ以上必要
・その後も40万バーツ以上の維持が必要

ビザ申請時の預入期間は3ヶ月前から2ヶ月前に緩和されますが、ビザ所得後も銀行預金に関する規定ができました。ビザ取得後3ヶ月間は継続して80万バーツ以上必要で、その後も常に40万バーツは必要になりました。

タイ政府としては年間を通じてある程度の預金をタイ国内に保持することを望んでいるようです。しかし、リタイアメントビザのように非就労ビザの場合は、外国からお金を送金してタイ国内で消費するのが主旨のはずですが、今回の変更では目的から外れていっているようにも感じます。

■タイ政府のドキュメント1(英訳) 出典:ThaiVisa Forumより

ThaiVisa Forum

■タイ政府のドキュメント2(英訳) 出典:ThaiVisa Forumより
ThaiVisa Forum

新しいルールの疑問点、問題点

今回のリタイアメントビザのルール変更に伴う、疑問点、問題点などを上げておきます。

3月1日から本当に実施されるのか?
銀行預金残高のトラッキング方法
・金額未達の際の罰則など
・帰国時の預金残高の処理方法

入国管理局から既に正式文書が通達されていますが、本当に3月1日から実施できるのかかなり懐疑的です。規定はできても現場の運用がついてこないのは、タイの日常ですので個人的にはすぐには変わらないのかと思っています。

今回の変更で一番の疑問は、どうやって預金残高を確認するかです。現在の銀行口座を利用するのであれば、現実的なのは定期的に銀行の残高証明書をイミグレに提出することになるのかと思います。しかし、手間は煩雑になりますし、パタヤのイミグレが既にオーバーキャパシティーなので、実現性には疑問符が付きます。

また、預金額を下回ってしたときの処罰も不明です。たぶん、ビザ取り消しと罰金になると思われますが、オーバーステイまでの猶予期間なども不明です。

これまでのルールであれば、1年あれば80万バーツの大半をタイで消費できましたが、今回のルールではいつかタイを離れる時に銀行のタイバーツを持ち帰る必要があります。正規の手順で取得したお金であることを証明できないと、銀行送金ができない可能性もあるので一応は留意すべき事項です。

私の対応

私の場合ですが、まずは注意深く動向を見守るとしかいえませんが、基本的に80万バーツは年中キープしているので、影響を受けるのは手続きの煩雑化くらいだと思います。現在のリタイアメントビザは7月末までなので、その時にイミグレで新しいビザ規定の手続き方法を指示されるのかと思っています。

今回も寝耳に水のニュースでしたが、80万バーツの預金金額は引き上げられないようなので、一安心でした。しかし、タイ政府が外国人移住者の監視を強化をしようとしていることへの明確なメッセージなので、今後も注意は必要です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ビザ・行政手続
Shepardをフォローする
シェパードの東南アジア放牧記 from パタヤ

コメント

  1. Yuuji Kimura より:

    こんにちは!yuuji Kimuraです。やはり、リタイアメントビザについては気になります。将来、僕はパタヤに移住したいと考えています。今まで行った国の中でパタヤが一番好きな場所です。パタヤにいるときは、ジョムティアンビーチのホテルに滞在し、ビーチ沿いをジョギングやウオーキングし、ビーチパラソルの下で海を見ながら読書。たまに少し泳ぎます。夜は、ウオーキングストーリートで夜遊び。夜中でも賑やかだから、時間の制限なし。最高のリゾート地です。
    また、新しい情報を発信して下さい!

    • Shepard より:

      yuuji Kimura様

      タイの行政手続は頻繁に変更されタイに住んでいてもよく分かりません。
      タイに住んでいる限り、私の経験してことについては、今後もブログで発信していきます。

      今後移住されるのであれば、ジョムティエンビーチで行っているの活動を大事にされるのがいいのかと思います。
      老婆心ながら、普通の人ならWSは3ヶ月もすれば飽きると思います。

  2. maeda より:

    今回の預金維持条件の変更はあまり影響は少ないでしょう。

    多くの方が80万Bは定期預金にしており、影響はありません。

    ビザ取得後の預金残高の管理は、イミグレーションではとてもできませんから、単なる空文に終わるでしょう。

    まあ、次回のビザ取得時に、「あら、貴方、預金残高が20万Bしかないじゃないの?こんなんじゃ、ビザ更新できませんよ」なんて嫌味を言われて、「賄賂を5000B払ったら、大目に見るわよ」で決着じゃないでしょうか?

    そもそも、タイのリタイアメントビザの場合、業者を通して取得すると、80万Bの預金は不要です。

    業者への手数料が1万8000B(パタヤの主要なビザ業者の場合)かかりますが、うち、1万2000Bはイミグレへの賄賂(80万Bの預金が無いことに目を瞑る事への見返り)と言われています。

    預金が無くても賄賂を払うとビザが取得できる国で、預金条件をいじったってナンセンスでしょう。

    • Shepard より:

      maeda様

      切り捨てるのは簡単ですが簡単ですが、タイ政府から正式に文章が発令されている以上、私は動向を注視して聞きます。
      わけの分からないことを突然行うのがタイ政府なので、用心をするに越したことはないと思っています。

  3. ミヤマ より:

    こんにちは。

    私は今日リタイアメントビザの一年延長手続きをしてきました。

    こちらの記事にあるルール変更ですが、手続きが終わっても何ら告知がありませんでした。

    なので自分から聞いたのですが、回答は次の通りです。

    ・通年で40万バーツ以上キープは必要。
    ・次回延長申請時に80万バーツ以上あればOK。

    申請前後の5ヶ月間の残高維持は不要の様です。

    個人的な感想ですが、ルール自体が申請者、担当者よって変わるマルチ・スタンダードなのではと。

    にしても、今回自分から聞かなければ新残高基準は教えてくれなかった事になります。

    私はたまたまシェパードさんのこの記事で新ルールについて知識がありましたが、もし本記事を読んでなかったらと思うと、少しぞっとします。 (^^;;;

    申し遅れましたが、情報ありがとうございます。

    • Shepard より:

      ミヤマ様

      現時点で延長申請手続きに変更はないということで、こちらこそ情報をいただきありがとうございました。

      「通年で40万バーツ以上キープは必要」とのことですが、具体的に何をどうやって残高を確認するかがわかりませんね?(WW)
      今の時期なら人海戦術で確認することも可能かもしれませんが、オーバーキャパのピークシーズンは不可能ではないのかと勝手に思っています。
      マルチ・スタンダードはいつものことですが、ビザ取得が少しずつ厳格化に向かっていることへのメッセージかと思っています。

      私もイミグレ情報はなるべく共有して行きますが、なにか新たらしい情報がありましたらコメントなどに書き込んでいただけると嬉しく思います。