Twitterを始めました。よろしければフォローください。

パタヤのスポーツジム:COCO FITNESSを紹介

1週間前にCOCO FITNESSに加入し、一通りのトレーニングを終えて、だいぶジムの実情が分かってきましたので詳細を紹介します。

パタヤのスポーツジムではCOCO FITNESS以外にも以下のジムもお勧めです。

リンクはこちらから:パタヤのスポーツジム:FITness7を紹介
COCO FITNESS
スポンサーリンク
スポンサーリンク

COCO FITNESS

COCO FITNESSはビーチロード沿いに昨年秋にできたばかりのスポーツジムです。トレーニング機器はすべて新品のピカピカで、内部からパタヤビーチを一望することができるスポーツジムです。受付に告げれば、内部は自由に見学できます。

リンクはこちらから:COCO FITNESSのウェブサイトへ

場所

COCO FITNESSはビーチロード沿いのMikeショッピングモールの4階にあります。Mikeショッピングモールはローカル色の強いショッピングモールで、セントラルパタヤロードとウォーキングストリートの中間付近に位置します。

アクセスはソンテウでビーチロード、セカンドロードのいずれからでも行けますが、現在はセカンドロード側の入り口はリノベーションを行っており入れません。バイクは地下の無料の駐輪場に止めることができ、ビーチロード側から入れます。

COCO FITNESSは最上階の4階にあり、ショッピングモール内のエスカレーターで行くか、ビーチロード側にある専用エレベーターで行きます。

営業時間は年中無休の7時から23時までですが、ショッピングモールの営業は11時からなので、それ以前はエレベーターを利用します。

■Mikeショッピングモール 最上階がスポーツジムCOCO FITNESS

■ビーチロード側の専用エレベーターCOCO FITNESS

■エントランスCOCO FITNESS

会費

会費は以下のようになっており、長期プランになるほど割安になります。

COCO FITNESSのフェースブックによると現在期間延長のプロモーションを行っており、12ヶ月会員に入会すると3ヶ月間延長(女性は半額)がされます。私が入会(2018年9月)したときは、20%割引の別のプロモーションをやっており、12ヶ月プランが14,400バーツでした。現在は3ヶ月以上の会員になると、プロモーションでTシャツがもらえます。なお、いつまでプロモーションが続くかは分からないとのことでした。

スポーツジムの利用方法は受付にメンバーカードを預け、貸しタオルとロッカーキーを受け取り、帰りに逆の手順でメンバーカードを返してもらえます。

コース料金
1日300バーツ
5回1,000バーツ
1ヶ月2,500バーツ
3ヶ月6,000バーツ
6ヶ月10,000バーツ
12ヶ月18,000バーツ

※.正規価格(プロモーション適用外)

■メンバー会費COCO FITNESS

■期間延長のプロモーション 女性は半額COCO FITNESS

■プロモーションのタンクトップCOCO FITNESS

■フーターズの15%ディスカウントプロモーション トレーニング後にビールを!COCO FITNESS

■メンバーカードCOCO FITNESS

館内概要

ロッカールームは少し狭いですが、清潔に保たれており特に問題ありません。ロッカールームにはトイレ、シャワー、サウナがありますが、サウナはあまり稼働していないようです。

館内にはプロテインバーと各種販売(ドリンク、サプリメント、ウェアなど)コーナーがあります。サプリメントはプロテインが主流であまり種類はそろっていません。

館内は手前側のエリアが有酸素運動で奥側が筋トレエリアになっています。また、スタジオもありますが、現時点で1日1回しかクラスが開かれていません。有酸素運動のエリアとスタジオからは、ガラス張りの窓からパタヤビーチの素晴らしい眺めが一望できます。

■ロッカールーム 少し狭いが清潔できれいCOCO FITNESS

■サウナ 午前中はいつも稼働していないCOCO FITNESS

■プロテインバーと各種販売所COCO FITNESS

■オリジナルグッズCOCO FITNESS

■パーソナルトレーナー 6ヶ月3万バーツからCOCO FITNESS

■パタヤビーチの眺め テンションマックスCOCO FITNESS

筋トレ

奥側に筋トレエリアがあり、フリーウェイト、筋トレ機器が一通りそろっています。機器はすべて新品で、どの機器も気持ちよく使用できます。

バーベル系はベンチプレス台が4台(フラット、インクライン、デクライン、バーチ)、バーベルラック、スミスマシンがあります。不満なのはパワーラックがないのとベンチプレス台にセーフティーバーがないことです。また、ベンチプレス台のラックの位置が高く、ラックアップがギリギリ(身長177cm)になる点です。

ダンベル系のフリーウェイトエリアもありますが、各ダンベルとも1セットしかないので、先客が使用しているとトレーニングできません。また、なぜか17.5kgのダンベルがなく、22.5kgのダンベルが2セットあります。また、ダンベルの重量は50kgまでしかないので、上級者は不足するかもしれません。ダンベルエリアは少し物足りないところもありますが、ショートバーベルもたくさん有り、客は空いているため、いまのところダンベル待ちになったことはありません。

筋トレマシンも一通りそろっており、ケーブルマシンも2台あります。一通り確認しましたが、私レベルでは不足するマシンはないようです。マシン系の不満は機器の設置間隔が少し狭いところです。また、慣れないせいかもしれませんが、各マシンは欧米人向け(大きい)に作られているようで、私には少し使いづらく感じます。

■バーベルラック セーフティーバーがないのが難点COCO FITNESS

■ダンベルエリア 各重量1セットずつなのが難点COCO FITNESS

■フリーウェイト器具 トレーニング・ベンチもたくさんありCOCO FITNESS

■ケーブルマシン 奥にも4方向のケーブルマシンありCOCO FITNESS

■筋トレマシン 日本人にはサイズが大きすぎる???COCO FITNESS

■筋トレマシン 少し設置間隔が狭いCOCO FITNESS

■筋トレマシンCOCO FITNESS

■筋トレマシンCOCO FITNESS

有酸素運動

手前側が有酸素運動のエリアになっており、ガラス張りの窓からパタヤビーチから一望できます。機器はトレッドミル、エアロバイク、クロストレーナーなどたくさんそろっています。一通り使用してみましたが、トレッドミル以外は少し使いづらいように感じました。一方でトレッドミルは大型の最新型で、ユーチューブを見ることができ、私のお気に入りです。

■有酸素運動 基本ガラガラCOCO FITNESS

■有酸素運動COCO FITNESS

■トレッドミルからの展望 ユーチューブを見ながら最高の気分COCO FITNESS

スタジオ

内部にはスタジオもあり、現時点では毎日1回のレッスンが開かれています。ここからもパタヤビーチを展望でき、マットを敷けばストレッチもできます。

COCO FITNESS

まとめ

COCO FITNESSはビーチロード沿いにある、リゾート感覚のスポーツジムです。FITness7と比べてしまうとどうしても筋トレ設備は見劣りしますが、ほとんどの人には十分なスポーツジムだと思います。設備が新しく、客もガラガラで、パタヤビーチの眺めも素晴らしく、長期加入が可能ならお勧めのスポーツジムです。

メリット

・設備、機器が新しい(新品同然)
・いつも空いている
・貸しタオル(無料)あり
・パタヤビーチの景観が素晴らしい

デメリット

・短期のメンバー会費は割高
・筋トレマシンの設置間隔が狭い
・ベンチプレス台にセーフティーバーがない ラックの位置も少し高い
・ダンベルは各重量1セットしかない
・24時間営業ではない

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポーツジム・筋トレ
Shepardをフォローする
シェパードの東南アジア放牧記 from パタヤ

コメント