Twitterを始めました。よろしければフォローください。

花火大会でタイの商魂たくましさ でもイカンだろ!!!

先週末に開催されたパタヤの花火大会でタイの商魂たくましさを見かけたのでお伝えします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

グランドシートの販売 40バーツ/枚

パタヤビーチで花火大会が行われた時に、多くの売り子が砂の上に敷くグランドシートを1枚40バーツで販売していました。グランドシートは160cm×115cmの大きさで、砂の上に座って花火を見るに非常に役立ちました。

下の写真が購入したグランドシートですが、何が原材料に使われているかお分かりでしょうか?食べ物の写真がたくさん印刷してありますが、レトルトパックのパッケージの材料シートです。私の購入したものはクノールのインスタントお粥でしたが、他にもいろいろなバリエーションのグランドシートが売られていました。

■グランドシート 4分の1に折り畳んだ状態グランドシート

私が購入したグランドシートはクノールがパッケージの版を印刷会社に貸し出し、印刷会社が勝手に版を使って印刷して横流ししたものだと思います。無印刷のシートを横流ししたほうが安上がりなので、もしかしたら廃棄予定の不良品かもしれません。

本来の使用目的以外の活用法を考える想像力とそれを販売する商魂には感心しますが、倫理的には大きな問題があります。日本の印刷会社がこのようなことをやったら、信用を失墜をするのは必死ですが、タイでは平然と行われているようです。中国でも大手企業が金型を部品メーカーに貸し出すと、部品を横流しされるなどは日常茶飯事なのでこのようなことが起きても不思議ではありません。

ちなみにグランドシートとしての性能はかなりのスグレモノでした。レトルトカレーなどのパッケージに使われる素材のため、裏面にはアルミのコーティングがしてあり、強度は丈夫で耐熱性も優れています。持ち運びには少しかさばりますが、ブルーシートとは比べ物にならないくらい優秀なグランドシートでした。

東南アジアではこのようなことが普通に起きるので、刺激に事欠かず毎日が楽しいのかもしれません。でも、安心・安全は日本とは比べ物になりません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブログ
Shepardをフォローする
シェパードの東南アジア放牧記 from パタヤ

コメント