Twitterを始めました。よろしければフォローください。

サッタヒープを経由して、ラヨーンまで日帰りツーリング

スポンサーリンク
スポンサーリンク

サッタヒープを経由して、ラヨーンまで日帰りツーリング

一昨日にバイクでサッタヒープを経由して、ラヨーンまで日帰りツーリングに行ってきました。サッタヒープの空母見学とウミガメ保護センターについては昨日の記事に掲載しています。

ツーリングルート

ラヨーンはパタヤから60kmくらい南東に位置する都市です。ツーリングは下記のルートを反時計回りに走行し、途中サッタヒープを経由しています。駆け足で観光スポットを回りながら、約7時間で200kmの走破をしました。

道路は比較的よく整備されており、大半は郊外の都市間を走るため、ほぼ渋滞無しでスムーズに走るすることができます。私は60-70km/hで路肩を巡航していましたが、車の流れに乗れずに若干怖いところもありました。

道中に立ち寄った場所はGoogleマップに観光地として登録していた場所のみで、網羅的には調べておりません。

パタヤ ラヨーン

サッタヒープ

サッタヒープ(半島?)はジョムティエンビーチのはるか南側で、ウタパオ空港のすぐ手前に位置します。タイ海軍の基地があり、ところどころで検問をやっておりましたが、徐行すれば停車することなく通ることができました。ゴルフ場や海水浴場などもあり一応はリゾート地ですが、田舎の漁村か海軍の街と行ったほうが適切かもしれません。昨日紹介した、空母見学とウミガメ保護センターもサッタヒープにあります。

リンクはこちらから:ミリタリーマニア垂涎:サッタヒープで空母に乗る

Wat Luang Pho Ei

■尖塔

■外観 規模は大きいが歴史はあまり感じず

■海軍の街です

Luang Pho Dam Khao Chedi

■大仏像

■高台にあり見晴らし良好

ラヨーン

地方都市ラヨーンの名前は知っていましたが、実際に訪問したのは始めてでした。パタヤはチョンブリー県ですが、ラヨーンからはラヨーン県になります。

街の印象としてはパタヤより一回り小さい地方都市の様相でした。観光名所もあまりないようで、あまり観光客が訪れるようなこともないようです。観光地としてならば、ラヨーンから少し先のサメット島のほうがお勧めなように思います。

大戸屋 ラヨーン店 空振り

パタヤに大戸屋はないので、ラヨーンの大戸屋でランチを食べるのが主目的でした。ショッピングモールのセントラルプラザにあるようですが、ウェブサイトのGoogleマップに全く違う場所が表示されておりたどり着くことができませんでした。地図には実際の場所と20kmくらい離れた工業団地が記載されており、だいぶ時間と体力をロスしました。というわけで、手目的の大戸屋ランチは幻となりました。

Wat Lum Mahachai Chumphon

■こちらも規模は大きいがあまり歴史は感じず

■尖塔

The City Pillar Shrine

■中国寺院

■中国寺院内部

Rayong Clock Tower

■ラヨーンのランドマーク?

Wat Pa Pradu

■寝大仏 規模は小ぶり

以上簡単でしたが、サッタヒープとラヨーンの日帰りツーリングでした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブログ
Shepardをフォローする
シェパードの東南アジア放牧記 from パタヤ

コメント

  1. Alex より:

    シェパード様

    8日間のパタヤより本日帰宅しました。
    予想どおり毎日、昼はゴルフ、夜はbarで楽しめました。

    日によっては鐘を鳴らしすぎて 3000バーツかかった夜もありましたが、
    日頃のうっぷんが一気に晴れた旅行でした。

    今回のホテルは北側だったので 次回はブッカオあたりを目指そうかとすでに2回目を画策しております。

    いろんな情報を期待しております。

    よろしくお願いいたします。

    • Shepard より:

      Alex様

      パタヤ訪問お疲れ様でした。
      昼も夜も十分楽しまれたようで何よりです。
      バービアで3千バーツはかなり存在感を示せたと思います。
      毎日ではいけませんが、旅行時ぐらいはドンドン行きましょう。
      私も鐘の愛好家が増えて嬉しく思います。
      また、懲りずにお越しください。