Twitterを始めました。よろしければフォローください。

パタヤでリタイアメントビザを一年延長 後編

前日にリタイアメントビザの申請が完了したので、ビザの受け取りとリエントリーパーミットの取得をしてきました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

リタイアメントビザ受領

リタイアメントビザ受領

昨日と同じ8番のカウンターに直接行って、番号カードを渡せばビザの更新されたパスポートを返却してもらえます。パスポートの返却時にはスマホで写真を撮られます。

延長されたリタイアメントビザを確認すると、初回ビザの最終期日から1年間延長されていました。

■ビザの受領カード

■1年延長のリタイアメントビザ 滞在期限は2018年7月31日まで

■初回の90日リタイアメントビザ

90日レポート

新しいビザを受け取るときに90日レポートの説明を受けます。90日レポートの注意事項は、パスポートの裏表紙にもステープル留めされます。

90日以上続けてタイに滞在する場合には、イミグレオフィスに90日レポートを提出する必要があります。90日の起算日はビザ申請日(昨日)からですが、その間に出国するとリセットされます。なお、90日レポートの提出を怠ると、最高で5,000バーツ+200バーツ/日の罰金が課せられるようです。

■90日レポートに関する注意事項

リエントリーパーミット申請

リタイアメントビザの1年延長をしたついでに、リエントリーパーミットも取得しました。

リエントリーパーミットとは

リタイアメントビザはシングルエントリーのビザなので、滞在期限がどれだけ残っていても出国した時点で無効になります。そのまま出国してしまうと30日間のノービザ扱いになるので、リエントリーパーミット(再入国許可書)を取得する必要あります。リエントリーパーミットには1回限り再入国が可能なシングルタイプ無制限に再入国できるマルチタイプの2種類があります。

リエントリーパーミットの申請費用は、シングル1,000バーツマルチ3,800バーツになります。

タイプ費用再入国回数
シングル1,000バーツ1回
マルチ3,800バーツ無制限

リエントリーパーミットの申請はイミグレオフィスかスワンナプーム空港でできます。空港で手続きするのも慌ただしいので、パタヤのイミグレでマルチタイプのリエントリーパーミットを取得しました。

リエントリーパーミット申請

リエントリーパーミットの申請に必要な書類は以下になります。有効なビザを持っていれば、写真とコピーのみです。

・パスポート(有効なビザ)
・パスポートのコピー
(顔写真のページ、入国スタンプ、出国カード、ビザ)
・写真 4×6cm
・3,800バーツ(マルチ)

受付でリエントリーパーミットの申請用紙を入手します。シングル、マルチ共にTM8のフォームを使用します。

用紙を入手したら、隣りのブースで申請書の記入をします。用紙にはいつもと同様に、氏名、パスポート情報、アパート住所などを書いていきます。途中にシングル/マルチの選択出国と再入国予定日ビザの種類などの記入欄があります。出国と再入国予定日はエアチケットなどの提示は不要ですので、適当に予定を書いておけばいいと思います。出国目的は「to meet friends」などで問題ないと思います。

申請書の記入が終わったら、受付に戻り書類の確認をしてもらい、整理番号をもらいます。リエントリーパーミットは右手前の1番と2番のカウンターで申請します。

パスポートと書類を提出すると形式的な確認が始まります。しばらくすると3,800バーツ払うように言われ、リエントリーパーミットの完成まで待つように言われます。5分くらいすると整理番号を呼ばれるので、パスポートを受け取れば、リエントリーパーミットの取得完了です。スタンプにはビザと連動して、2018年7月31日までは何回でもタイに再入国できることが記載されています。

この日もイミグレーションオフィスは空いており、リタイアメントビザの受領と合わせて30分程度の所要時間でした。

■TM8の申請フォーム

■リエントリーパーミット マルチ

総括

今回ビザ更新は初回申請に比べると、拍子抜けするくらい簡単にできました。これで少なくとも来年の7月末までタイに滞在することが可能になりました。これまでは、ビザの問題が常に頭の片隅に残っていましたが、これでしばらくは思う存分タイ生活をエンジョイできそうです。

来月より新しい10年のリタイアメントビザの申請が始まるようですが、現在の簡易な審査が続くようなら、あえて10年ビザを申請する必要はないように感じました。今後10年ビザの詳細が明らかなったら、フォローしていきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ビザ・行政手続
Shepardをフォローする
シェパードの東南アジア放牧記 from パタヤ

コメント

  1. 佐藤 学 より:

    リタイヤメントビザで一時帰国について。
    今日は、はじめまして。
    今年の年末に、一時帰国します。リエントリーパーミットは、取得済みです。
    質問ですが、パスポートにある、出国カードは、どうなりますか?。また、タイに入る時の、出入国カードの記入欄で、職業は無職で良いのですか?
    新しいブログなので、情報も新しいかと思い、メール致しました。宜しくお願い致します。      佐藤

    • Shepard より:

      佐藤様

      コメントいただきありがとうございます。
      今月始めのスワンナプーム空港での、事例で回答します。

      出国カードはノービザの入出国と同様に必要です。
      入国時は入国カードにリエントリーパーミットの番号をVISA欄に記入しました。
      少しややこしいのですが、リタイアメントビザの番号ではありません。
      入国スタンプの滞在期限は手書きで、リタイアメントビザ終了日に合わせてくれます。
      念のためその場で滞在期限を確認した方がいいと思います。
      職業欄は就業が許されないビザですので、私は素直にRetirementと記入しています。

      お役に立てば幸いです。

      • 佐藤 学 より:

        早々の回答を、ありがとうございます。
        職業欄は、リタイアメントのこと確認しました。5年ぶりの帰国で大変気になっており、スッキリしました。来月から新しい出入国カードになりますが、安心です。ありがとうございました。

  2. rewrew より:

    はじめまして。とても参考になる内容で大変感謝しています。質問よろしいでしょうか、リタイアメントビザの1年延長の申請可能期間は、3ヶ月滞在許可後の初回申請と毎年同じなのでしょうか?例えば、日本の冬季数ヶ月間をパタヤで過ごすことを念頭に置く場合、初回申請がその期間外だと、次年以降、冬季滞在とは別に延長申請の為の訪タイが必要になりますか?
    お時間あるときにアドバイス頂ければ幸甚です。

    • Shepard より:

      rewrew様

      質問をいただきありがとうございます。
      正確か否か分かりませんが、私の認識でご回答させていただきます。
      リタイアメントビザの申請は残り1ケ月を切ったタイミングで申請可能で、2週間以上の滞在期限を残している必要があります。
      私の理解ではその時期にタイに滞在する必要があると思っています。
      パタヤの場合はビザの受取りは3ヶ月ビザは滞在期限最終日、1年ビザは申請日の翌日でした。
      rewrew様のケースですと初回の3ケ月ビザを10月頃申請するほうがいいかもしれません。
      それかノービザ入国+ビザ1ヶ月延長で隣国に出国後に再入国しても約4ヶ月滞在できると思います。

      • rewrew より:

        早速にアドバイス頂き有り難うございます。今年、10月頃の申請を目指します。いつかご一緒して、鐘をジャンジャン鳴らして楽しめたらいいなと思います。今後ともよろしくお願いします。

        • T/rewrew より:

          パスポート期限の関係で目論見とは違う時期になりましたが、昨日、3ヶ月VISAの申請が受理されました。確認の為のイミグレ再訪はVISA無し滞在期限の最終日です(汗)
          シムについてはAISのトップアップを日本のクレカに紐付けたラビットLinePayで可能でした。
          種々アドバイス頂き本当に有り難うございます。名前違ってすいません。

          • Shepard より:

            T様
            リタイアメントビザの申請が受理されたようでおめでとうございます。
            初回は1年ではなく90日ビザが発給されるのが普通だと思います。
            私も滞在期限の最終日がビザ受領日になりましたが、タイのイミグレーションはお金を受け取ればビザは必ず発給されるとも聞いたことがあります。
            ともあれ、楽しいパタヤライフをお過ごしください。

          • T より:

            そうなんですね、それを伺って少し安心しました。とにかく初めてのイミグレで想像通りのカオスな状況に臆せず対応できたのもShepard様のブログのおかげと感謝しています。因みに左奥の部屋の審査官はメガネの中年女性でした。机の上に広げた物を食べながらの審査でした。やはり「若く見えるが何歳か」と聞かれました、同じ方かも知れませんね。
            あとは無事にVISAが発給されるのを祈り待つだけです。もし差し支えなければお目にかかって直接お礼を申し上げたいと思いますが如何でしょうか。VISAが発給された場合、1年延長手続きまでは引き続き滞在する予定ですのでご都合がよろしければお願いします。

          • Shepard より:

            T様

            奥に座っているイミグレの中年女性は同じ人だと思います。
            私も同じようなことを聞かれたような記憶があります。
            もっとも私の場合はVIPビザを勧めらたり、訳のわからない書類を要求されていい印象はありませんが・・・・
            今後に続く日本人のためにも正しい手続きでビザを取得するのが何よりだったと思います。
            1回や2回の申請却下など気にする必要はないし、挨拶代わりのジャブくらいに考えればいいと思います。

  3. T より:

    こんにちは。無事に90日のVISAスタンプが押印されたパスポートが戻ってきました。イミグレ訪問は、VISA申請、結果確認及び受領の3回で済みました。

    改めて御礼申し上げます。
    m(_ _)m

    • Shepard より:

      T様
      ビザ取得おめでとうございます。
      結果確認のプロセスがあるのは私の時とは異なるようですね。
      合計3回の出頭で済んだようで、私とはできの良さが違い、羨ましい限りです。