LCCの機内手荷物7kgはけっこうハード

昨日LCCの機内持ち込み手荷物の制限が厳しくなった記事を書きました。7kgの持ち込み制限であれば楽勝かと思いきや、手荷物の重量を測ると意外にもかなりギリギリでした。

LCCの機内持ち込み手荷物

最近機内持ち込み手荷物の制限は改定され、以下の条件のLCCが多くなっています。

・機内手荷物はメインバッグとサブバッグを一つずつ
・メインバッグの大きさは56cm×36cm×23cm以下
・重量はすべて合わせて7kg以下

改定で問題になるのが重量制限で、持ち込みて荷物は総重量7kgに改悪されました。これまではメインバッグのみの計量で、サブバックやパソコンは抜け道的に計量除外だったので、計量無しでフリーパスで持ち込める場合がほとんどでした。

今回(2018年8月)ジェットスターとベトジェットに搭乗したときは、メインバッグのみの計量でサブバッグは計量除外で、規定どおりの運用はされていませんでした。私のケースでは問題ありませんでしたが、規定に書いてある以上追加費用を請求されても文句は言えないと思います。また、以前は殆どなかった手荷物の計量が、最近は頻繁にされるようになったことから、厳しい方向に向かっているのは間違いないのかと思います。

リンクはこちらから:LCCの機内持ち込み手荷物の制限

私のケーススタディー

私はLCCに乗る時は、手荷物を預けると有料になるので、機内に持ち込むようにしています。基本的には東南アジアの旅行で、Tシャツ、短パン、サンダルの軽装が基本スタイルです。また、お土産なども買わないので、軽装のトラベラーになるのかと思います。

今回は旅行前に荷物を計量したら7.6kgくらいあり、念のため7kgまで減らして旅行に出発しました。

旅行カバン メイン+サブ 1.56kg 残り5.44kg

旅行カバンは写真のようなメインのトラベルバッグと肩掛けのサブバッグを使用しています。

トラベルバッグは50cm×34cm×21cmのサイズで重量は実測で800gです。LCCによっては持ち込み可能サイズが若干異なりますが、ソフトシェルのなので荷物をパンパンに詰め込まない限りサーズオーバーすることはないと思います。リュックサックタイプのトラベルバッグで、簡素な造りで心もとないのですが、カバンの重量が軽く重宝しています。ちなみに登山用のバックパックは2kg以上、ハードシェルのキャリーケースは3kg以上あるので、機内に持ち込める実質的な手荷物はかなり少なくなります。

サブバッグには肩掛けの革製のカバンを使用しています。貴重品や身の回り品を入れているのですが、実測すると760gもありました。これまで何も考えずに使用していましたが、LCC用にするのであれば、もう少し軽いカバンを選んだほうがよいようです。

カバン2つの重量だけで1.56kgもあるので、実質的に機内に持ち込める手荷物は5.44kgです。

リンクはこちらから:LCC機内に持ち込めるトラベルバッグを購入

LCC持ち込みバッグ

カバン

パソコン 1.92kg 残り3.52kg

私はブログを書いていることもあり、パソコンを持ち歩いています。15インチのノートパソコンですが、ACアダプターを含めると1.92kgもあります。小型のノートパソコンであれば若干軽くなりますが、ACアダプターを含めると1kgは超えると思います。スマホやタブレットで代用すべきだと思いますが、私は古い人間のためかパソコンが必須です。

カバンとパソコンの重量で3.48kgになり、実質的に機内に持ち込める手荷物は3.52kgです。

その他の荷物

カバンとパソコンで手荷物制限の約半分を占め、その他に持ち込める手荷物は3.52kgになります。3.5kgというのは意外に少なく、荷物をいろいろ詰め込むとギリギリの重量になりました。衣類や小さな身の回り品でも100g単位の重量があり、合わせるとそれなりの重さになります。意外に重かったのが地球の歩き方でベトナム版は460gもあり、モバイルバッテリーやシェーバーなども高重量でした。

私はパソコン以外の荷物は少ない方だと思うのですが、それでも7kgギリギリになりました。人によっては7kgに収まらないケースも十分あるのかと思いますのでご注意ください。抜け道としては、衣類を着込んだり、小物をポケットに詰め込めば緩和できますが、実施しても1-2kgが限界のように思います。

現在は規則通りの運用がされていない場合が多いようですが、一応はご留意されたほうがいいのかと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする