タイの電気料金について アパート探し時に注意

月契約のパタヤのアパートは電気代と水道代が家賃とは別になっていることが多いので、タイの電気料金について簡単にまとめておきます。水道代は月額で200-300バーツなのであまり気にする必要はないのかと思います。なお、数値は相場観を示すアバウトなものなのでご注意ください。

タイの電力事情 ユニットと電気料金

タイの消費電力の単位はユニットで表示されます。馴染みのない電力単位ですが、1ユニット=1Kwhなので、日本の電気と同じです。

1ユニット当たりの電気料金は、燃料代の変動で変わりますが、概ね4バーツ前後だと思います。ちなみに日本の電気料金は燃料代で変動したり、基本料金に従量部分が加わり、分かりにくい電気料金になっていますが、均せば1Kwh当り20-25円くらいだと思います。4バーツを日本円換算すると14円くらいなので日本の3分の2くらいの電気料金です。

ただし、4バーツは電力会社からの直接請求料金で、アパート入居者はアパートオーナーから手数料を乗せた電気代を請求されるケースがほとんどです。手数料込みの電気料金はアパートによって異なりますが、1ユニット当たり5-10バーツくらいだと思います。日本に換算すると17.5-35円になるので、日本より高額な電気代になるケースも珍しくありません。

タイ4バーツ14円
タイ(上乗せ)5-10バーツ17.5-35円
日本20-25円

アパート探しの注意事項

タイではアパートによって請求される電気料金が違うため、アパートを探すときには1ユニット当りの電気代を必ず確認する必要があります。特に日中をアパートで過ごしたり、夜エアコンを使用するなど、たくさん電気を消費する人は注意すべき事項です。個人的には1ユニット当り7-8バーツくらいが電気代の許容限度だと思っています。

パタヤ生活の電気代はライフスタイルによってそれぞれで、1ヶ月千バーツから5千バーツくらいになるのかと思います。日本ほどエキストリームな夏ではないので、エアコン無しで暮らしているタイ人も大勢います。ちなみに私は電気代込みのサービスアパートメントに住んでおり、エアコンを好き放題使っていると毎月600ユニットくらいの使用量になります。

参考情報としてブログを書いていたら「タイの賃貸住宅、水道料金や電気料金への上乗せ請求が禁止に」という記事を見つけました。記事によると2018年5月1日から賃貸アパートでの電気代や水道代の上乗せが法的に禁止されたようです。現時点でどの程度遵守されているのか不明ですが、明らかにウェルカムなニュースです。もっとも、上乗せ分が家賃に転嫁されるのは必至ですが、電気代をたくさん使う人ほどメリットが大きくなると思われます。

リンクはこちらから:タイランド・ハイパーリンクスのウェブサイトへ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする