LCC機内に持ち込めるトラベルバッグを購入

先日日本に帰国したときは、LCCの機内に持ち込めるサイズのトラベルバッグを購入しました。

LCCの受託手荷物運賃

最近は日本でも格安航空として一般的になったLCCですが、基本運賃にはフライトに関する費用しか含まれていません。レガシーキャリアと違って、食事、飲み物、受託(預入れ)手荷物などはすべて別料金が必要です。

LCCは低価格を謳っていますが、殆どの場合は基本運賃のみの表示で、食事や受託手荷物を追加すると割安感が少なるケースが多くあります。値段にこだわってLCC乗るのであれば、荷物を機内に持ち込むのが、LCCを少しでも安くするコツです。

参考までにエアーアジアのバンコク→シンガポール間の運賃事例を紹介します。受託手荷物なしの基本運賃は諸費用込みで2,336.37バーツで8千円くらいですが、20kgの受託手荷物は614.16バーツ(約2千円)も必要になります。

LCCの機内に持ち込みできる手荷物サイズ

LCCの機内に持ち込める手荷物は、サイズ、重量ともに限られています。LCC会社によって若干異なりますが、エアーアジアの例で紹介します。

機内持ち込みはメインバッグとサブバッグを1つづつ持ち込むことができます。メインバッグの最大サイズは56cm×36cm×23cm以内で、サブバッグは40cm×30cm×10cm以内です。また、重量は2つ合わせて7kg以内になっています。以前はメインバッグのみで7kgで、パソコンなどを取り出りだせば、オーバーバゲッジに対応できたのですが最近はより厳しくなっているようです。

ただし規則としては上記のように定められていますが、実際にはそこまで厳しく運用されていないようです。私の経験では、見た目で明らかなオーバーバゲッジになっていない限り、フリーパスで持ち込みできることが多いように思います。とはいえ、フィリピンのセブ空港からタイガーエアに乗ったときに、一人ずつバネばかりで手荷物重量をチェックされたので、一応は規定を遵守したほうがいいと思います。

LCC持ち込みバッグ

トラベルバッグの選定条件

私の旅行スタイルは、東南アジアがほとんどで期間も3-5日程度です。常夏の国で衣類も最小限ですむので、ノートパソコン以外に大きな荷物はありません。これまではボストンバッグを使用していましたが、荷物を肩に掛けての移動するのが少し困難でした。

今回のトラベルバッグの選定にあたってはバッグの軽さを最優先しました。7kgの制限が多いLCCでは、少しでもバッグ自体の重量を軽くしておきたいところです。ということから、素材は少しでも軽いソフトシェルで、キャスター無しで背中に担げるバッグを探すことにしました。

まず思いついたのは登山用のカリマー、グレゴリーなどのリュックサックでした。ブランドデザインや品質としては申し分ないのですが、重量(1.3kg程度)が若干重いのと価格が高いのが欠点になりました。

 

ニューバランス トランジットバックパック

そんな中でスポーツデポで偶然に見つけたのが、ニューバランスのトランジットバックパックでした。サイズは50cm×34cm×21cmで容量は35リットルで重量は800g程度だと思います。余裕を持ってLCCに持ち込めるサイズで、東南アジア旅行には十分なサイズです。

バッグの形は長方形でファスナーが下まで降りるので、パッキングがしやすくなっています。また、背面にいくつかのポケットも有り、使い勝手はいいように思います。

軽量のため堅牢性は登山用のバックパックとは比べ物になりませんが、機内に手荷物として持ち込む分には問題ないと思います。欲を言えばファスナーがもう少し丈夫であればと思いますが、値段とのバランスを考えると致し方ないのかと思います。

ニューバランスに限らず、他のスポーツメーカーからも同様のバッグがたくさんでており、旅行バッグとして意外にお勧めのように思いました。ちなみに帰国前にはキャビンゼロというバッグを第一候補にしていました。

■トランジットバックパック 一応自立するLCC持ち込みバッグ

■半額セール 5,886円LCC持ち込みバッグ

 

使用感

今回購入したトランジットバックパックを利用して、早速パタヤまで帰ってきました。

バッグにはフレームが入っておらず、作りに若干頼りないところもありますが、その分柔軟性があります。荷室は長方形の形状でファスナーも全開に開くので、パッケージは非常にやりやすいです。ただし、フレキシブルな荷室のため、重い荷物をたくさん入れると、大きなビニール袋みたいに形が崩れてくるのが難点です。

キャリーケースと比べると意外に大きいのですが、軽くて厚みが薄いのでそれほど重圧感はありません。また、スーツケースは使用しない時の収納スペースに困ることが多いのですが、潰せばコンパクトに収納できるのはメリットです。リュックサックの機能としては、背中に本格的なパットは入っていませんが、6kg程度であれば問題なく背負うことができました。

■キャリーバッグと比較 縦横はほぼ同サイズLCC持ち込みバッグ

■ファスナーを下ろすと全開き 仕切り無しでシンプルLCC持ち込みバッグ

使用してみるともうひと回り小さなサイズでもよかったような気もしますが、大は小を兼ねるで総合的に満足しています。せっかくなのでこれを機会に安いLCCのチケットを探し、精力的に旅行に出かけようと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. Alex より:

    こんにちは

    昨日18泊19日の訪泰より帰国しました
    移住に向け 収穫の多い旅でした

    次回9月を予定しておりますが いよいよ80万バーツを持参しようかと企んでいます。

    今回は、
    運転免許取得
    口座開設
    雨季の体験
    サービスアパート探索などでした

    中でも、あきらめかけていたパタヤでの口座開設がノービザで開設成功したのがおおきいです。

    • Shepard より:

      Alex様

      着々と移住準備が進んでいるようで何よりですね。
      私は昔作った銀行口座があったのですが、新規に口座開設できてよかったですね。
      また、パタヤの場合はいまでもノービザで運転免許証も取れるようですね。

      80万バーツさえ持ち込めば、諦めない限りリタイアメントビザは取得できると思いますので粘り強くトライしてみてください。
      私の場合は3ヶ月間の預金期間を要求され、代わりに訳のわからないVIPビザを進められましたが、現在は不明です。

  2. Alex より:

    イミグレーションでリタイヤメントビザのリクワイヤメントをもらいましたが 80万バーツは初回60日延長時90日と記載があり聞くと「sure」と言っていたのですが、まあ90日と思っておいたほうがよさそうですね。

    あとTM30(滞在届?)について 2つのホテルを対象に居住証明を取得してみましたが、1つ目はオンラインで登録されているのか、申請なしに居住証明取得できましたが、2つ目のホテルは申請されておらず、居住証明のまえに別室(入ってすぐ左の部屋)であれやこれやと質問されました。

    • Shepard より:

      Alex様
      イミグレーションのいうことはよくわからないので、挨拶代わりにジャブを入れる感じで出頭すればいいのかと思います。

      滞在届はよくわからない上になんとも理不尽な制度のように思います。
      本来はオーナー側の義務のはずですが、なぜか滞在者が迷惑を被るケースがあるようです。
      しかも、イミグレーションに行かずに出国すれば、お咎め無しだと思うのでなおさらです。