パタヤでリタイアメントビザを更新 2018年版前編

チョンブリ(パタヤ)のイミグレーションオフィスでリタイアメントビザの1年延長をしました。基本的に昨年度と変更はありませんが、2018年度版の情報として共有いたします。変更箇所は新たに確認書が2枚増えたのとパスポートのコピーが追加で2枚必要になったことです

リタイアメントビザについては以下の記事も参考にしてください。

リンクはこちらから:実録:自力で取るリタイアメントビザ パタヤ1

リンクはこちらから:実録:自力で取るリタイアメントビザ パタヤ2

リンクはこちらから:実録:自力で取るリタイアメントビザ パタヤ最終回

リンクはこちらから:パタヤでリタイアメントビザを一年延長 前編

リンクはこちらから:パタヤでリタイアメントビザを一年延長 後編

スポンサーリンク
スポンサーリンク

初めに

昨年90日のリタイアメントビザを取得した後に1年間の延長をしており、今回が2回目の延長申請になります。リタイアメントビザの延長申請は有効期限の30日前から申請可能になり、15日の滞在期限が残っている必要があります。

10年ビザについて

最近、あまり話題になっていないようですが、10年間有効なリタイアメントビザも交付されているようです。私が10年ビザのメリットを感じない理由を記載しておきます。

1.3百万バーツの銀行預金が必要
2.医療保険への加入が必要
3.実際の制度運用が不透明

私が一番懸念しているのは3百万円バーツの銀行預金を要求されることです。現行の80万バーツなら2年程度の生活費ですみますが、10年後どこで何をしているか分からないなかでの3百万円バーツは躊躇してしまいます。新興国の通貨は突然通貨危機が来たり、タイも軍事政権下であることも一応は留意すべきことだと思います。いずれにしても私は3百万円バーツ(約1千万円)のリスクを負うことはできないと考えています。

必要書類

今回の1年延長に必要だった申請書類は、基本的には昨年と同様です。申請書類に確認書(?)が2枚増えたのとパスポートのコピーが2枚追加されましたが、いずれもイミグレーションオフィスで対応が可能です。

もしかしたら不必要な書類もあるかもしれませんが、私は昨年度と同じ書類を準備して申請しました。ポイントは80万バーツの銀行預金を3ヶ月以上継続しており、残高証明書を入手することです。それとアパートの契約書関連の書類(実際に何が必要かは不明)を用意することです。

各書類の準備方法については、以下の記事に詳しく書いてありますのでご参照ください。

リンクはこちらから:実録:自力で取るリタイアメントビザ パタヤ2

■申請書関連
・TM7の申請フォーム
・リタイアメントビザとオーバーステイに関する確認書2枚
・写真1枚 4×6cm
・申請料 1,900バーツ

■パスポート関連
・パスポート
・パスポートのコピー(顔写真ページ、リタイアメントビザ、入国スタンプ、出国カード、90日ビザ、90日ビザ入国時の入国スタンプ)

■銀行預金関連
・預金通帳 ⇒ 提示不要でした
・預金通帳コピー(最初の口座番号と直近の入手金履歴ページ)
・残高証明書(SCBは200バーツ)

■住居証明関連
・アパートの契約書
・オーナーのIDカードのコピー
・アパートの登記簿のコピー
・手書きの地図(本当に必要?)

事前準備

事前準備として住居証明関連の資料をアパートの管理人に準備してもらいました。それと合わせてオンラインバンキングで携帯電話にチャージして、預金口座の資金移動をしておきました。確か預金通帳に数日内の入出金履歴が必要だったように思います。

当日は午前中に銀行に向かい、預金通帳の記載と残高証明書の発行をしてもらいました。証明書作成に少し待たされますが、SCBは200バーツの手数料で発行してくれます。その後、コピーセンターで、パスポートと預金通帳のコピーをして、イミグレーションオフィスに向かいました。

イミグレーションオフィス 書類入手と記載

イミグレーションオフィスの受付で延長申請の書類を貰います。従来のTM7のフォームに加えて、新しい書類(確認書?)2枚を渡されました。

■TM7の申請フォーム(裏面もあり 住所、電話番号、サインのみ)

■確認書1枚目 上部はオフィシャル使用欄(だと思う)リタイアメントビザ

■確認書2枚目 オーバーステイの再入国禁止期間(中段は自首、下段は摘発)リタイアメントビザ

申請書を入手後すると左隣りのブースで申請フォームに記載していきますが、記載テーブルのレイアウトが変わっていました。TM7はイミグレーションでよくある記載内容なので、上から順番に書いていけば特に難しい項目はないと思います。ビザ延長の理由は「Travel in Thailand」、延長日数「365 days」などと掛けば問題ないともいます。

次にステープラー留めされた2枚組の初めて見る書類です。タイトルには「Acknowledgement of ************」と書いてあるので、なにかの確認書(誓約書)のような書類で、1枚目が外国人の長期滞在ルール、2枚目がオーバーステイの罰則について確認と署名を求めらているようです。1枚目の書類を読み始めるとタイ語でしか書かれてなく少し焦りましたが、読んでいくと上半分がオフィシャル使用欄(?)で下半分だけを記載すればいいみたいです。結局は確認書にサインしようとしまいが罰金は課せられるので、確認内容を細かく読まずに署名しました。記載内容は「鈴木一郎(日本人・55歳)は以下の内容を確認しました」のようなことを穴埋め式に記入してサインするだけです。

書類の記載が完了したら写真とコピーを添えて受付に戻り、写真を糊付けしてもらい、整理番号をもらいます。

イミグレーションオフィス 窓口で申請

整理番号を入手し左奥側の8番カウンターの前で待っていると、先客が終わるとすぐに私の順番になりました。整理番号の掲示板はありますが、あまり機能していないようなので、心配なら直接確認したほうがいいように思います。

今回は女性の係員が対応してくれて、パスポートと書類一式を提出します。前回は蛍光ペンで書類の確認事項を順番にマークして行きましたが、今回はそれもないようです。銀行口座の残高以外は書類の中身を見ている雰囲気もなく、書類の有無を確認しているだけのようです。1分ほどするとパスポートのコピーが2枚足りないようで、必要なページを指で指しながらコピーを取ってくるように言われました。

コピーは敷地内の代書屋さんで1枚5バーツで取ることができます。不足したのが最初の90日ビザのスタンプとその時の入国スタンプのようです。言われた通りにパスポートのコピーが取れたら、再び8番カウンターに戻ります。

コピーを渡すと係員はすぐに対応してくれて、書類の最終確認をして1,900バーツを払うように言われました。この後はパスポートの受取票をもらい、明日の10時以降にパスポートを取りに来るよう告げられて終了です。

■パスポートを預けて、パスポートの受取票を受領

パスポートのコピーが足りませんでしたが、無事にリタイアメントビザの延長が認められました。終始スムーズにことが運び、朝10時ごろアパートをでて、銀行、コピー屋、イミグレーションオフィスを回り、11時半にはアパートに帰って来ることができました。

リンクはこちらから:パタヤでリタイアメントビザを更新 2018年版後編

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ビザ・行政手続
Shepardをフォローする
シェパードの東南アジア放牧記 from パタヤ

コメント