バービアでワールドカップを観戦して鐘連打

昨日、パタヤに戻ってきて、ワールドカップのベルギー戦を観戦してきました。久しぶりに明け方まで飲んでしまい、日本からの移動と合わせて長い一日を送りました。

日本対ベルギー戦で鐘連打

昨日は早朝日本を出発し、ハノイ経由で夜9時半ごろパタヤに戻ってきました。決勝まで日本代表チームが残ってくれたおかげで、少し疲れていましたが馴染みのバービアにワールドカップを見に行きました。

試合はタイ時間の深夜1時開始で、流石にその時間になるとバービアの客も少なくなります。バービアに到着したときには先客が1組いましたが、しばらくすると帰ってしまい、貸し切りでバービア譲と一緒にワールドカップを観戦しました。

移動で疲れていたので前半はチビチビと飲みながらビールを飲んでいましたが、後半になるといきなりヒートアップしました。後半開始直後に原口選手がゴールを決めたため、当然鐘を鳴らす展開になりました。その後、後半7分にも乾選手がゴールを決めたため、ここでも気合で鐘をもう一発鳴らしておきました。後半早々の日本代表の思わぬゴールラッシュに歓喜の鐘連打でした。

試合はこの後は残念な展開になりましたが、バービア嬢も日本代表チームを応援してくれて、一緒に盛り上がりました。また、日本代表をアジアの代表として応援してくれていたみたいで、日本人の一人として嬉しく感じる瞬間でした。

延長線は泥仕合?

ビールを5本飲んだところで試合も終わり、チェックも済ませて帰る寸前までいきました。しかし、会計後にママが奢りでビールを持ってきてくれて、ここから延長線が始まりました。直後に酔っ払ったスコティッシュのグループが来て、彼らと一緒に泥仕合が始まりました。一応私は帰るつもりだったのですが、ママとスコティッシュから立て続けて奢ってもらっているうちに、気がついたら空が薄明るくなっていました。自分では1回オーダーしただけで、約2時間ただ酒にありついていたようです

さすがにこの時間まで飲んだのは久しぶりで、アラフィフの老体にかなり応えています。特にこの日は朝から時差を超えて移動し、飛行機や空港で昼間から飲んでいたのでなおさらでした。パタヤ復帰の初日から楽しい夜を過ごすことができましたが、パタヤで24回目の大酒として自分への戒めを込めて記録に残しておきます。

ワールドカップの感想

最後ににわかサッカーファンなのでワールドカップの感想を少しだけ書いておきます。

結果だけをみれば、実力差が順当に結果に現れたゲームだったと思いますが、残り20分で2点差はなんとしてでも守りきってもらいところでした。私の日本チームのイメージは伝統的に決定力不足だったのですが、今大会ではコンスタントに得点を上げることができたのが印象的でした。

少し前まではワールドカップに出ることも想像ができなかったので、それだけでも大きな進歩を果たしていると思います。選手の方にはお疲れさまと同時に、大きな夢と感動を与えていただきありがとうございました。4年後のワールドカップはどこで見るかわかりませんが、その時は再び絶叫しようと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする