便利な飛行機チケット ストップオーバーとオープンジョー

飛行機チケットの便利なTipsとして、ストップオーバーとオープンジョーについて紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

飛行機のチケットについて 往復が基本

飛行機のチケットですが、通常のレガシーキャリアは往復チケットが基本、LCCは単路線(片道)が基本になります。往復料金が基本のレガシーキャリアで片道チケットを予約しようとすると、割高の運賃になることがほとんどです。

今回はレガシーキャリアの往復チケットを応用編した、ストップオーバーとオープンジョーについてお伝えします。LCCは単路線を合算した単純会計なので、利用したい路線を順番に予約していけば問題ありません。

ストップオーバー

乗継便を利用すると経由地で乗り換えを行いますが、乗り換え時間を24時間以上取ることをストップオーバーといいます。もちろん、その間に荷物を受け取り出国することもできるので、経由地で観光などを楽しむことができます。通常は1週間くらいまでのストップオーバーが認められており、運賃も往復運賃と殆ど変わりません。

例として、香港経由の乗継便でバンコクに行く場合に、往路もしくは復路の途中に数日間香港に滞在することができます。

注意事項として直行便があるのみにも関わらず、ストップオーバーをしようと運賃は割高になります。また、レガシーキャリアのチケットは発券単位で一連のセットになっており、鉄道の途中下車前途無効のようになっています。前例で香港にストップオーバーしたままバンコクに行くのをやめてしまうと、帰路の香港から名古屋のチケットも無効になります。

オープンジョー

往路と復路の発着地が異なる航空券のことをオープンジョーといいます。ジョー(jaw)とは英語で顎のことで、開かれた顎が原意になっているものと思われます。

オープンジョーにはいくつかのパターンが有り、具体的な例を上げておきます。

1. 往路 名古屋→バンコク 復路 シンガポール→名古屋
2. 往路 名古屋→バンコク 復路 バンコク→羽田
3. 往路 名古屋→バンコク 復路 シンガポール→羽田

オープンジョーはいくつかのパターンがありますが、往復運賃と殆ど変わない料金で複数地に立ち寄ることができます。1.の例だとバンコク、シンガポール間は別途LCC便を予約すれば、一回の渡航で2都市に滞在できます。バンコク、シンガポール間を一連のチケットとして予約することもできますが、高額な正規運賃になることがほとんどです。

注意事項として、運行距離があまりにも違う路線を選択すると、遠い路線の運賃が基準になります。飛行機会社は距離のエリアで運賃を決めているようなので、往路と復路は似たような距離の路線を選ぶのがいいと思います。

予約方法

ストップオーバーもオープンジョーも航空会社のウェブサイトから予約することができます。ただし、通常の往復便みたいに簡単に最安値運賃を探すことは難しく、何回かパターンを変えて検索する必要があります。

今回はキャセイ航空の例で説明しますが、他のエアラインでもほぼ同様の手続きで予約できます。通常はトップ画面から「往復」か「片道」で検索しますが、「2都市以上/途中降機」から検索をします。

■2都市以上/途中降機 (往復/片道の近くにあります)キャセイ

■1路線ずつ出発地、目的地、日付を入力し、最後に検索キャセイ

その後は一路線ずつ順番に出発空港、到着空港、出発日を入力していきます。すべての路線を入力後して検索すると、搭乗可能便と運賃が出てくるので、あとは通常の予約手続きと同じに進めることができます。

安いチケットを探すちょっとしたTipsですが、始めに往路便の往復で検索して、運賃の安い日のアタリをつけておくのがいいと思います。飛行機チケットは往路の出発日で値段が変わることが多いので、価格の安い出発日を見つけてから、ストップオーバー、オープンジョーのチケットを検索するのが便利かと思います。

ストッパーとオープンジョーの利用事例

ストップオーバーとオープンジョーは組み合わせて使用することができます。今回はキャセイ航空を利用した、東南アジアの3都市滞在のチケット例を紹介します。

1.往路1 名古屋→香港 *ストップオーバー
2.往路2 香港→シンガポール
(シンガポール→バンコク LCC便を別途予約)
3.復路 バンコク→香港→名古屋 *オープンジョー

キャセイ航空は香港籍のエアラインで香港空港が拠点となるため、東南アジアに行くには便利なエアラインです。

名古屋からの東南アジア便は香港空港で乗換になるので、ストップオーバーを利用して数日間香港に滞在します。その後は香港からシンガポールに向かい、数日間滞在します。その後のシンガポールからバンコクへの移動はLCCチケット別途予約します。同区間なら1万円以下のLCCが頻繁に往来しているので、チケット確保は難しくありません。バンコクからの帰路はオープンジョーを利用して、バンコク→香港→名古屋に帰ります。

この旅程であれば、一回の旅行で香港、シンガポール、バンコクの3都市に立ち寄ることができます。飛行機代は名古屋→シンガポールの往復料金に、シンガポール→バンコク間のLCC料金が掛かるだけです。

このように、ストップオーバーとオープンジョーを組み合わせれば、旅行の範囲は格段に広がり、一週間程度の旅行でも複数都市に滞在することができます。正直に行って飛行機の運賃体制はよくわからかないことが多いので、いろいろパターンを変えて検索してみるのがいいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
交通手段
Shepardをフォローする
シェパードの東南アジア放牧記 from パタヤ

コメント