パタヤのイミグレーションオフィスで90日レポート 2回目は更に簡単

パタヤ・ジョムティエンビーチのイミグレーションオフィスに90日レポートをしてきました。2回目からはバーコードを利用した手続きになり、より簡単な届け出になります。

リンクはこちらから:パタヤのイミグレーションオフィスで90日レポートを届け出

90日レポートとは

簡単にタイの90日レポートの仕組みを紹介しておきます。外国人がロングステイビザを保有して、タイに90日以上連続で滞在する場合には、イミグレーションオフィスに90日レポートを届ける必要があります。忘れやすい手続きですが、届け出を怠ると罰金刑が課せられるので注意しましょう。

90日レポートのポイントは以下のようになります。

1.タイに90日以上連続して滞在する場合はイミグレーションオフィスに90日レポートの届け出が必要
2.タイから出国すればリセットされ、再入国日を起点として90日の日数計算を行う
3.90日レポートはタイ滞在90日目の15日前から7日後までに届け出が可能

バンコクではオンラインで手続きもできるようですが、パタヤでは直接イミグレーションオフィスに出向く必要があるようです。

参考:私のタイ滞在状況 90日レポートの期限

私の90日レポートと入国状況は以下のようになっています。

2017年11月27日 前回の90日レポート提出
2018年1月3日 日本から再入国
2018年2月24日 前回の90日レポートからの期限
2018年3月9日 ラオスから再入国
2018年6月7日 3月9日の入国からの期限

昨年の11月27日に90日レポートを提出しており、2月24日が本来の90日レポートの届け出期限でした。しかし、私はその期限内に何回か出国をしており、3月9日のラオスからの再入国日が90日カウントの起点になっていました。6月7日が再入国から90日後になり、その日の15日前から7日後までに90日レポートを提出する必要があります。このように再入国したケースでは、自分で90日レポートの日程管理をする必要がありますのでご注意ください。

90日レポート届け出

90日レポートはジョムティエンビーチのイミグレーションオフィスで受け付けてもらえます。必要なものはパスポート、前回の90日レポート、出国カードのみで、費用は無料です。

イミグレーションオフィスに入り、正面のカウンターで整理券をもらいます。受付では90days reportと伝えれば問題ないと思います。初回はTM47のフォームに記入が必要でしたが、2回目以降は前回の90日レポートのバーコードを利用して手続きするので、整理券をもらうだけです。

■前回の90日レポートと整理券90日レポート

整理券をもらったら、右奥側の4番の窓口で90日レポートの手続きをします。木曜日の2時頃で6人待ちで、手続きはシステマチックに行われており、数分後には自分の順番になりました。

係員にパスポートと前回の90日レポートの書類を渡せば届け出は完了します。バーコードで前回のデーターを読み取り、入出国データーとコンピューター照合して、新しい90日レポートの書類を作ってくれます。新しい90日レポートには、9月4日が90日レポートの期限であるが、7月末にビザの有効期限が切れることが手書きで追記されていました。

以上で90日レポートの届け出は完了です。

■右奥の4番窓口で受付90日レポート

■新しい90日レポートの書類

90日レポート

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. ken@ より:

    無料何ですね。
    大変勉強になりました。
    有り難うございます。

    • Shepard より:

      ken様

      90日レポートは許認可でなく、ただの届けですので手続きは簡単なようです。
      形骸化していることも否めませんが遵法精神は持つようにしています。