タイでバイクの強制保険と税金を払いました

早いものでパタヤでバイクを購入して1年近く経過しました。タイで毎年義務付けらている、強制(自賠責)保険と税金の支払いを行ってきました。

タイ・バイクの強制保険と税金のシステムは?

タイのバイクにも日本と同様に強制保険と税金の支払い義務があります。1年毎に更新が必要で、更新の時期になると自分で手続する必要があります。ちなみにタイ政府からは更新の時期を知らせるEメールが届きました。

価格は陸運局に行って直接手続きをすると合計424バーツです。5年目以降はバイクにも車検が必要になります。

項目価格備考
強制保険324バーツ
税金100バーツ124cc以下
合計424バーツ

※.2番目が更新時期が近づいたお知らせ、3番目が更新手続き中のメール(らしい)

バイクショップで更新手続き

強制保険と税金の支払いは陸運局に行って直接できますが、私は購入したバイクショップで手続きを行いました。陸運局で手続きをすれば即日手続きが完了し、余分な手数料も取られませんが、陸運局まで行くのに片道1時間弱掛かります。

陸運局まで行くのに面倒くさかったので、購入したバイクショップで手続きをすることにしました。費用は600バーツで176バーツがバイクショップの手数料のようです。ちなみにアパートの管理人によると600バーツは標準的な価格のようです。

手続きに必要なものはバイクの登録証(グリーンブック)のみで、昨年分の保険のレシートなどは要求されませんでした。手続きに約2週間掛かるようで、この日は登録証を預けて、600バーツ払い、控えの伝票をもらって終了です。バイクの登録証は常に携行義務があり、登録証の原本があると盗難時に転売が容易になりますので、常日頃からコピーをバイクに保管しておくことをお勧めします。

保険証と納税ステッカーを受領

2週間後に手続きが終了したら電話をくれることになっていましたが、3週間経過しても電話がないためバイクショップに乗り込みました。手続きは完了していましたが、店員が電話連絡を怠っていたようです。一応クレームを入れておきましたが、この程度のことでいちいち腹を立てていたらタイで暮らしてはいけません。

店員に伝票を見せ、預けたバイクの登録証、保険のレシート、納税ステッカーを受け取りました。保険のレシートはバイクに保管し、納税ステッカーはバイクの見えやすい場所に貼り付ける必要があります。私はシリンダー状の容器に入れているので、有効期限が見えるようにセットしました。納税ステッカーは検問時に免許証と同時に必ず確認されますので、有効期限切れに注意しましょう。

強制保険

今回はバイクショップとのミスコミュニケーションもあり、手続完了までに3週間近く掛かりましたが無事に強制保険と税金の支払い手続きが完了しました。手続き自体は簡単ですが、忘れやすいのでGoogleカレンダーに次回の更新時期をセットして、一連の手続きを完了しました。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. ken@ より:

    タイは検問が多いから手続きは大事ですね。
    私もパタヤでの移住を夢見て、楽しく拝見させて頂いています。

    • Shepard より:

      Ken様

      企業の駐在者でないのでビザなどの行政手続きはすべて自分でやる必要があります。
      いろいろと大変ですが都度調べながら行っています。
      同じ場所ですが検問はよくやっているのでお気をつけてください。