2018年パタヤソンクラーンレポート8 ラス前のパタヤの様子 写真なし

リンクはこちらから:2018年パタヤソンクラーンレポート1 プレスタート

リンクはこちらから:2018年パタヤソンクラーンレポート2 ソイ6、ソイ7、ソイ8スタート

リンクはこちらから:2018年パタヤソンクラーンレポート3 全域開戦

リンクはこちらから:2018年パタヤソンクラーンレポート4 引き続き激戦中 ソイ6

リンクはこちらから:2018年パタヤソンクラーンレポート5 引き続き激戦中 ソイブッカオ周辺

リンクはこちらから:2018年パタヤソンクラーンレポート6 少し集束気味 ソイ7、ソイ8など

リンクはこちらから:2018年パタヤソンクラーンレポート7 中日後のパタヤの様子 写真なし

4月18日ソンクラーン概況

長かったパタヤのソンクラーンも残すところ後2日になりました。昨日は19日のソンクラーン最終日に向けて、再びウォーターファイトが活性化してきました。ソンクラーン前半は一部のバービア関係者や外国人の参加がほとんどでしたが、昨日からは一般のタイ人も多く参加していました。

私は昨日も風邪が治らずに、バイクでセカンドロードとサードロードを駆け抜けただけです。というわけで昨日も写真を撮っておらず、パタヤの様子を簡単にお伝えします。

サードロード

昨日は4時頃からバイクでサードロードとセカンドロードを巡回してきました。ソイブッカオ周辺は攻撃されるのが明らかなので、近寄らないようにしていました。

サードロードはいつもとは違う場所からも、タイ人がウォーターファイトをやっていました。もっともそれほど強力な攻撃ではなく、車線の中央側を走れば余裕を持って交わせるレベルでした。道路沿いの一部にテントが立っていましたので、最終日は盛況になるのかと思われます。

セカンドロード

セカンドロードはかなりお祭りの様相を醸し出していました。ツーリストに加えて多くのタイ人も参加しており、水鉄砲を持った人を数多く見かけました。

ウォーターファイトが激しかった場所はパタヤアベニューからソイ7までの区間とセントラルマリーナの前でした。ウォーターファイトの激しい場所はバービアやマッサージ店が拠点になっています。また、ピックアップトラック軍も出没したり、バイクやソンテウからの水鉄砲攻撃も多数ありました。

ドルフィンロータリーからナクルア方面もウォーターファイトをやっており、かなり渋滞していました。とはいいつつバイクで避けながら通れば、ひどい攻撃を受けることはないと思います。

いよいよ、本日19日はパタヤソンクラーンの最終日を迎え、アパートにいても午前中からタイ音楽が聞こえてきます。これまでは一部のバービア関係者とツーリストが騒いでいただけですが、最終日は一般のタイ人が主役になる1日です。1年間汗水たらして一生懸命働き、ソンクラーンの最終日くらいは楽しい1日を過ごしてもらいたいものです。

本日はビーチロードが歩行者天国になり、多くの人が集まります。また、露店が並んだりコンサートも開かれ、ソンクラーンのフィナーレを締めるものと思われます。最終日ぐらいは日頃の感謝の気持ちを込めて、タイ人からウォーターファイトのマトになるように努めようと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする