個人旅行より海外旅行ツアーはお得なのか?

先日、友人家族がHISのパックツアーを利用してバンコクに旅行に来ました。私は個人旅行しかしませんが、パックツアーの内容を整理してみました。

HISのパックツアーとして比較しているのは、友人からの簡単なヒアリングに基づいたものですの、詳細はご自身で調べるようにしてください。

HISのパックツアー

HISのパックツアーは以下のような概要です。3泊4日のバンコクツアーで総額6万5千円です。春休みで飛行機チケットが取りにくい季節のツアーです。

・日程:3月21日から24日(3泊4日)
・費用:6万5千円
・飛行機:セントレア⇒バンコク(台北経由) 中華航空(CI)
・ホテル:2名1部屋 エアポートリンク沿い 参考:アゴダで800バーツ/部屋
・ツアー1:アユタヤ半日 参考:HISで1,300バーツのツアー
・ツアー2:バンコク(王宮エリア)半日 参考:HISで1,500バーツのツアー

HISのツアーは添乗員が同行するフルパックの旅行でなく、セミパックのツアーで、空港からホテル移動は個人で移動する必要があります。オプショナルツアーも現地HISのツアーに参加するようで、指定場所まで個人で移動する必要もあります。また、食事もついておらず、自力で確保する必要があります。

現在のパックツアーは、至れり尽くせりのフルサービスから、リーズナブルな価格を抑えたツアーが主流になっているようです。日程も詰め込みでなく、オプショナルツアーを選択するなどして、個人の多様性を尊重したツアーになっているようです。

パックツアーのメリットとデメリット

メリット

価格

パックツアーのメリットはなんと行っても価格の安さです。春休みの期間中にホテル代と現地ツアー代込で、6万5千円はかなり安いと思いまます。イメージ的には飛行機代のみの価格で、ホテルと現地ツアーが無料ついてくるような感じです。ホテルと現地ツアーは自分で手配すると3,200バーツ(1万円)くらいの価格だと思います。

お手軽

お手軽さについてもパック旅行のメリットです。始めていく旅行先でも、旅行会社がすべてを手配してくれます。現地ツアーも取り敢えず外せない観光地が含まれているのも利点だと思います。初めていく場所や忙しい人にとって、パック旅行のメリットは大きいように思います。

デメリット

飛行機

飛行機は中華航空(CI)の台北経由で、どちらかというとマイナーなルートです。直行便であればタイ航空、乗り継ぎであればキャセイ航空辺りが一般的だと思うのですが、コストとの兼ね合いで飛行機会社が決められているのだと思います。

ホテル

ホテルはエアポートリンク沿いの中低級ホテル(2名で千バーツ以下)のようです。空港からのアクセスには便利ですが、繁華街から遠くツーリストがあまり使わないエリアです。せっかくの旅行なので、サイアムやアソーク辺りにもう少しグレードのを高いホテルを取ったほうが良いように思います。

また、パックツアーはホテル代が割高になり、一人旅には不敵です。

自由度

パック旅行はお手軽の反面、自由度がなくなります。最近はオプショナルツアーを選択できるツアーが主流のようですが、必ずしも自分が行きたい場所に行けるわけではありません。

ツアー旅行の訪問地は個人旅行より、印象が薄くなりがちです。私の場合は自分で調べて苦労していったところほど、後でも記憶として残っているようです。

総括

私は普段パックツアーを利用しないのですが、最近のパックツアーは思った以上に進化しているようです。一昔前の添乗員が旗を振って引率するJALパックスタイルから、個人の多様性を尊重するツアーに変わっているようです。特に初めていく場所については、お手軽で値段も安いパックツアーを利用するも、いいように思いました。

しかしながら私がこれからパックツアーを利用することはないと思います。私の場合は自由を求めて旅行をするのであって、集団行動にはとても耐えられません。個人旅行は事前の下調べが大変ですが、旅行計画を立てるのも旅行の一部として楽しむようにしています。

最後になりますが、パックツアーも個人ツアーも一長一短で、各自のスタイルにあった方法を選択すればいいのかと思います。これを機にブログを読んだ皆様が、少しでも多く海外の異文化に触れていただければ嬉しく思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. Marika より:

    こんにちは。
    今日も楽しく読ませていただきました!

    私ももっぱら1人でもそうでなくても個人で旅程を組みますが、計画も楽しい旅行のうち、というお考えに同意です。

    HISなどのの内容を、航空券やホテルを別々に自分で手配したらいくらになるのか、やってみても面白そうですね!w

    • Shepard より:

      Marika様

      私の場合は苦労しながらも自分で調べて旅行すると、あとで記憶に残っているように思います。
      おまかせのパックツアーは後でどこに行ったかすら忘れている場合もあります。

      もちろんパックツアーも便利なので、多くに人に異文化を触れてもらうきっかけになればと思います。

  2. kohji より:

    はじめてコメントいたします。いつもブログを拝見しています。
    まず、台北経由の航空便だと、台湾の中華航空(CI)でしょう。中国国際航空(CA)は中国本土、北京辺りの乗り継ぎになると思います。
    そして、私の印象だけかもしれませんが、台北乗り継ぎはマイナールートではないと思います。私の愛知の友人も訪タイ時はCI台北乗り継ぎを使ってます。まあ、値段の関係だと思いますが。
    そして、パックとエアオンですが、私も一人旅が基本で、以前(20年位前です)はパックで一人部屋追加料金が高くついていました。今は航空便とホテルは別に手配しています。また、地方在住なので羽田の再国際化はとても助かっています。
    最後になりましたが、パタヤのブログ、いつも楽しみにしています。これからもよろしくお願いします。

    • Shepard より:

      kohji様

      ご指摘ありがとうございます。
      私の聞き間違いだと思いますので、記事を修正しておきます。
      いい便があるようなら台北のストップオーバーを検討しようと思います。