コラートからバンコクに鉄道で移動する方法

コラートからバンコクに鉄道で移動する方法

コラート(ナコンラチャシーマー)からバンコクまで鉄道を使って移動する方法を紹介します。

同区間は夜間の寝台電車と昼間の座席電車が運行しています。寝台電車は約5時間と中途半端な乗車時間で、発着時間も深夜の不便な時間帯になります。昼間の座席電車は時間が掛かる、便数が少ないなどのデメリットがあり、バス移動が一般的です。正直あまりお勧めできる移動方法ではありませんので、紀行記としてお読みいただければ幸いです。

注意:私はコラート駅の一駅(2.6km)手前の「Thanonchira Junction駅(旧市街地)」で降車してますが、便宜的に一部をコラートと表記させていただきます。

ウドンタニーからコラートに鉄道で移動する方法

時刻表、運賃

コラートからバンコクまでの鉄道は1日に10本運行しています。寝台電車が多く、昼間の利用しやすい時間帯の電車は限られています。

リンクはこちらから:タイ国鉄時刻表(非公式日本版)のサイトへ

■コラート駅⇒バンコク駅

Thanonコラートバンコク備考
08:0608:2214:15普通
09:5810:1814:55急行
12:1712:3318:40快速
15:0815:2321:10快速
18:3118:4722:55特急
22:3422:5304:35寝台急行
23:0923:2505:00快速
23:5905:15寝台特急
00:2000:3606:40寝台急行
01:2601:4207:20快速

■バンコク駅⇒コラート駅

バンコクコラートThanon備考
05:4510:0110:18特急
06:4012:1212:31快速
10:0514:2714:48急行
11:4016:5017:04普通
15:2021:1521:32快速
18:3523:1823:33寝台急行
18:5500:0700:36快速
20:3001:36寝台特急
21:3002:3602:51寝台急行
22:4504:1904:35快速

同区間の営業距離は266.28kmで、運賃は電車のクラスによって大きく異なります。普通3等51バーツ、急行3等201バーツ、急行2等(エアコン)327バーツ、特急1等427バーツ、寝台車は種類により500バーツくらいからです。

■チケット エアコン無しでも急行料金が必要で201バーツと高いコラート バンコク 鉄道

ウドンタニー⇒コラート

ウドンタニーからコラートまでは266.28kmの営業距離で、4時間57分の旅程です。

■運行図(写真は道路地図)コラート バンコク 鉄道

コラート駅

ホテルを旧市街地に予約したため、コラート駅の1つ手前のThanonchira Junction駅から乗車しました。新市街地からなら、1駅次のコラート駅から乗車するのが便利かと思います。

昨日のウドンタニーからコラートまでの鉄道移動で戦意喪失気味でしたが、一晩寝たら少し元気が出て、電車でバンコクまで帰ることにしました。昨日と違い、エアコン付き車両の急行電車で、なんとかなるだろうと楽観視していたら悲劇が始まりました。

出発時間の20分くらい前に駅に到着し、バンコクまでのチケットを購入しようとしました。駅員がエアコン車両は既に売り切れで、3等車両しかないと言われ、郊外のバスターミナルまで移動するのも面倒くさかったので、エアコン無しの3等の座席指定を201バーツで購入しました。エアコン無しとはいえ、一応は急行列車の座席指定なので、昨日のようなことはないと、この時点では思っていました。

駅のプラットホームで駅員に乗り場を確認し、定刻ぴったりに来た電車に乗り込みました。

■Thanonchira Junction駅地図

■コラート駅地図

■Thanonchira Junction駅1ウドンタニー コラート

■Thanonchira Junction駅2ウドンタニー コラート

■Thanonchira Junction駅3 線路は自由に渡れますコラート バンコク 鉄道

コラート駅⇒バンコク駅

急行電車はどんな電車がくるのか楽しみにしていたのですが、到着した電車は昨日同様の朽ち果てたボロ電車で愕然としました。4両編成で間の1車両のみがエアコン車両のようです。指定席車両ながらオーバーブッキングをしているようで、立ち乗客までいます。この時点で完全に心が折れ、バンコクまでの苦痛を伴う約5時間の長旅になりました。

乗車すると私のシートに誰かが座っているようで、車掌に告げてなんとか座席を確保しました。車両は昨日と同様に、エアコンなし、シートがボロボロ、ノイズがうるさい、ホコリまみれの欠点だらけです。しかも満席で精神的にかなりの圧迫感を受けました。途中で降りるわけにもいかないのでひたすら苦行に耐える、5時間のカウントダウンが始まりました。

せめてもの慰めは定刻どおりにバンコク到着したことと、ドア脇のベンチシートで足を伸ばせれたことくらいです。ボックスシートの4人掛けでは相当苦痛だったと思います。

■急行電車(汽車)コラート バンコク 鉄道

■車内の様子 満席でげんなりコラート バンコク 鉄道

バンコク駅

定刻通りにバンコクについて、やっと苦痛から開放され、MRTでバンコク市内に向かいました。

前日のウドンタニーからコラートよりも、コラートからバンコク間の方が混雑していた分ハードな旅になりました。また、運賃は各駅停車が51バーツに対し、急行電車は201バーツもします。とても約4倍の運賃に見合う価値はなく、これではバス運賃と同程度になってしまいます。

鉄道は風情があって旅をしている感じがするので好きなのですが、最低でもエアコン付き車両に乗るべきというのが今回の教訓でした。今回はウドンタニーからバンコクまでエアコンなし電車で2日掛けて移動することになり、経験値は上がったものの非常に疲れた旅になりました。

■バンコク駅 地図

■バンコク駅1コラート バンコク 鉄道

■バンコク駅2コラート バンコク 鉄道

スポンサーリンク

シェアする

フォローする