バンコクからビエンチャンに鉄道(SRT)で移動する方法 前編

バンコクからビエンチャンに鉄道(SRT)で移動する方法 前編

バンコクからビエンチャンまで、寝台電車と国境電車を乗り継いで行く方法を紹介します。利便性では飛行機やバスに軍配が上がりますが、鉄道の旅ならではの風情を感じることができます。

ビエンチャンからウドンタニーにバスで移動する方法は以下の記事を参考にしてください。

リンクはこちらから:ビエンチャンからウドンタニーにバスで移動する方法

バンコクからビエンチャン 移動概要

バンコクからビエンチャンに移動するには、飛行機かバスが一般的です。バスはバンコクの北バスターミナル(モチート)からビエンチャン行きの直行バスに乗るか、ウドンタニーかノンカーイで乗り換えるのが一般的だと思います。

今回紹介する、鉄道移動は以下のステップになります。ノンカーイ駅まで寝台電車で移動して、その後はメコン川で国境電車で渡り、ビエンチャンに向かいます。国境電車(2-5)は利便性が悪いため、電車で国境を渡ることに特別の意義を感じる人以外は、あまり利用価値はないと思います。ノンカーイの駅からバスでビエンチャンに向かったほうが、便数が多く、低コストで行くことができます。

1.バンコク駅⇒ノンカーイ駅 寝台電車
2.出国審査 ノンカーイ駅イミグレーション
3.ノンカーイ駅⇒タナレン駅 国境電車
4.入国審査 タナレン駅イミグレーション
5.タナレン駅⇒ビエンチャン市内 白タク

バンコク駅⇒ノンカーイ駅 時刻表

現在のバンコク駅からノンカーイ駅の時刻表(直行便のみ)は以下のようになります。昼間の座席列車が1便と寝台電車3便が毎日運行しています。

ノンカーイからビエンチャン行きの電車は07:30と14:45の1日2本の運行ですので、No.25の新型電車がベストチョイスになります。

■バンコク駅⇒ノンカーイ駅

便名クラスバンコク発ノンカーイ着備考
75急行08:2017:45座席
77急行18:3504:15
25特急20:0006:45新型車両
133快速20:4508:35

■ノンカーイ駅⇒バンコク駅

便名クラスノンカーイ発バンコク着備考
76急行07:0017:10座席
78急行18:1504:35
134快速18:3005:45
26特急19:1006:00新型車両

詳細の時刻表は以下のサイトより確認ください。

リンクはこちらから:タイ国鉄の公式ウェブサイト

リンクはこちらから:タイ国鉄時刻表(非公式日本版)のウェブサイトへ

寝台電車のクラス

タイ国鉄の寝台電車は1等と2等のクラスが有り、上段と下段のベッドにより値段が若干異なります。一部でエアコンなしの2等寝台も運行しているので、エアコンの有無は確認するようにしましょう。

1等寝台は上下段のベットごとに個室になっています。偶数人での利用であれば1等寝台を利用するのも選択肢かと思います。もちろん、一人で上下段のベッドを予約するれば、個室を独占することもできます。

2等寝台(エアコン付き)はもっとも一般的な寝台電車です。昼間は座席で夜間はベッドにチェンジします。上段と下段のベッドがあり、運賃が少し高くなりますが下段のベッドを予約すること強くお勧めします。窓の有無、空間の広さ、乗り降りのメリットなどがあり、運賃差以上の価値はあると思います。

バンコク駅へのアクセス

バンコクの鉄道駅はASOKから5Kmほど西側にあります。ホアランポーン駅、クルンテープ駅と呼ばれることもありますが、バンコク駅で広く通用します。

鉄道のバンコク駅はMRT(地下鉄)のホアランポーン駅と直結しています。スクムビット駅(ASOK)などで乗車し、終点のホアランポーンで降車します。降車後は駅構内の案内に沿い、5分位地下道を歩くとバンコク駅に到着します。出口を出て右側が駅のコンコースとチケット売り場、正面がプラットホームになります。


■コンコース 正面がプラットホーム、左側が当日チケット、右側が前売りチケットバンコク⇒ノンカーイ

バンコク駅⇒ノンカーイ駅 予約方法

チケットはタイ国鉄駅で直接購入するか、オンラインでも購入できます。寝台電車は人気の路線も多く、事前に予約しておくことをお勧めします。チケット購入にはパスポートが必要で、60日前から予約可能です。

日本からでもオンライン予約ができるので、ウェブサイトから予約することをお勧めします。オンライン予約の場合は30バーツの発券手数料が必要です。

バンコク駅からノンカーイ駅まで621kmで、2等寝台車の下段運賃がが998バーツでした。

リンクはこちらから:タイ国鉄(SRT)のオンライン予約の図解解説

■チケット売り場 通路の右側が前売りチケット売り場バンコク⇒ノンカーイ

■乗車チケット 写真はEチケットタイ国鉄(SRT)

バンコク駅⇒ノンカーイ駅 寝台電車の乗車レポート

2018年3月8日にバンコク駅からノンカーイ駅行きの寝台電車に乗車した時の様子をレポートします。

バンコク駅

バンコク市内で食事をして、出発の40分位前にバンコク駅に到着しました。長旅ですので、駅構内の売店(少し高い)で飲み物とお菓子を購入して、電車に向かいました。

タイ国鉄に改札はないので、自由にプラットホーム入ることができます。既に電車が到着していたので、目的地と発車時刻を確認して電車に乗り込みます。検札は出発後になるため、駅員に確認して乗り間違えがないようにするのがいいと思います。

■バンコク駅 英語表記はBangkokバンコク⇒ノンカーイ

■ノンカーイ行き寝台電車 出発後の検札のため乗り間違いに注意バンコク⇒ノンカーイ

■バンコク駅 プラットフォーム 改札なしで自由に立ち入り可能バンコク⇒ノンカーイ

バンコク駅⇒ノンカーイ駅車中

タイ国鉄は度々遅れるのですが。20時丁度にバンコク駅を出発しました。乗客は3分の1くらいで、バンコク近郊駅で徐々に乗車客が増えてきました。オンライン予約ではほぼ満席でしたが、上段ベッドの半分くらいは空いているようでした。

今回は新型車両に乗りましたが、旧車両とは天と地ほどの差があります。若干価格は高くなりますが、値段に見合ったものだと思います。列車は座席の状態で出発して、しばらくすると車掌による検札がきました。出発後1時間くらいすると係員がベッドメークに来てくれます。座席の間に板とマットレスを敷き、シーツを枕カバーをセットしてくれます。個室に乗り込み、カーテンを閉めればプライベート空間のできあがりです。

荷物はシートの下にも置けますが、私は荷物が少ないのでベッドに持ち込みました。たまに異常に空調が効いている列車も場合があるので、上着を持っていくことをお勧めします。また、電車内は全面禁酒なのでご注意ください。電車内にはきれいな食堂車もあり、リーズナブルな価格でサービスを提供していました。

電車はそこそこに揺れ、騒音もありますが、意外によく寝れます。夜中に何回か目を覚ましましたが、深夜バスよりは遥かにグッスリ眠れました。今回は15分遅れで終点のノンカーイ駅に到着しました。

■タイムテーブル 20:00発⇒6:45着 10時間45分の長旅バンコク⇒ノンカーイ

■地図(道路利用)バンコク⇒ノンカーイ

■列車内の様子1 新型車両はきれい(旧車両とは大違い)バンコク⇒ノンカーイ

■列車内の様子2 シート使用 左右一人掛けでゆったりバンコク⇒ノンカーイ

■列車内の様子3 上段はベッドに、下段もフラットベッドにチェンジ可能バンコク⇒ノンカーイ

■車窓の様子バンコク⇒ノンカーイ

■コンセントとスポットライト スマホ充電に便利バンコク⇒ノンカーイ

■食堂車 きれいで静かだがビールが飲めないのが難点バンコク⇒ノンカーイ

■食堂車のメニュー かなりリーズナブル 簡易売店もありバンコク⇒ノンカーイ

ノンカーイ駅

今回は15分遅れでノンカーイ駅に到着し、11時間の長旅でした。ノンカーイ駅でタナレン駅のチケットを買い、国境を超えビエンチャンに向かいます。

■ノンカーイ駅 15分遅れで到着バンコク⇒ノンカーイ

リンクはこちらから:バンコクからビエンチャンに鉄道(SRT)で移動する方法 後編

スポンサーリンク

シェアする

フォローする