2018ビエンチャン・タイ東北部旅行2 ビエンチャンの印象とお役立ち情報

2018ビエンチャン・タイ東北部旅行2 ビエンチャンの印象とお役立ち情報

ラオスの首都ビエンチャンに着いて、感じたことと、両替、携帯、レンタルサイクルの事情を書いていこうと思います。観光の様子については明日以降にお伝えする予定です。

リンクはこちらから:2018ビエンチャン・タイ東北部旅行1 パタヤ→ビエンチャン移動

リンクはこちらから:バンコクからビエンチャンに鉄道(SRT)で移動する方法 前編

リンクはこちらから:バンコクからビエンチャンに鉄道(SRT)で移動する方法 後編

リンクはこちらから:ビエンチャンからウドンタニーにバスで移動する方法

ビエンチャンについての印象

ビエンチャンはラオスの首都で人口が82万人(2015年)の都市ですが、東南アジアの首都にするとだいぶ見劣りがします。基本的にメコン川沿いの小さな観光都市で、パタヤよりもいくぶん小さな規模に感じました。観光の町で西洋人のツーリストに混じり、中国人、韓国人、日本人などの姿を多く見かました。基本的には健全な街で夜11時ごろになるとお店が閉まってしまいます。

3月上旬の気候は、パタヤよりはだいぶ涼しいようです。朝晩は心地よい風が吹き、少し肌寒いくらいです。

ラオスの公用語はラオ語(ラオス語)で、タイ語と似ており、タイ語も通じるようです。また、ビエンチャンで、英語がよく通じることにも驚きました。まったく英語を話せない人もいますが、ツーリズムに関わっている人はたいてい英語を話せ、パタヤと同等くらいに英語が通じるように思います。

物価については、GDPや1日当りの収入は東南アジアの最低レベルですが、意外に高い印象を受けました。ローカルフードでもパタヤより少し高いくらいで、ビールが安いのがせめてもの救いといったところです。また、交通手段が交渉制でトゥクトゥクなどは割高の料金を吹っかけられます。

両替

ラオスの通貨はラオス・キープで、100バーツが26,500キープ程度です。発展途上国にありがちな自国通貨の弱い国で、USドルとタイバーツも流通しています。タイバーツでも問題なく支払いできるのですが、店舗での請求レートが若干悪くなります。数日間の滞在であればタイバーツで支払いしても問題ないと思います。

両替はタラートサオ内の両替商でタイバーツからラオス・キープに両替しました。数店で両替レートを確認しましたが、タイバーツやUSドルはどこも比較的良いレートを提示していました。流通量の日本円から両替すると両替商によってレートの差があるかもしれませんのでご注意しましょう。

豆知識として簡単な両替レートの良し悪しの見分け方ですが、SellingとBuyingのスプレッドの大きさから判断できます。大抵の両替所には買いと売りの2つのレートを提示してあり、そのスプレッド(差分)が利益になります。スプレッドを%で換算すると簡単に両替レートの善し悪しが見分けられます。日本の空港の両替レートの悪さを確認してみてください。

■両替商ラオス旅行

■両替レート かなり高レート
ラオス旅行

携帯SIM

現在は海外旅行時に携帯電話利用が必須になっています。通話以外にも外出先で旅行情報を調べたり、Googleマップで現在位置を確認することができます。最近は日本でも国際ローミングのプランが発売されていますが、価格は割高です。私はSIMフリーのiPhoneに現地SIMを購入して使用するようにしています。

ラオスのも複数の携帯キャリアがありますが、タラートサオ内の携帯ショップでSIMを購入しました。正規ショップでなく、携帯の小売店でSIMを購入すると手数料を乗せられて割高になるようですが、SIM探しで時間を使うわけにも行けないので、手っ取り早く買えるSIMを購入しました。

携帯ショップでSIMを購入したいというと、UNITELのSIMを出されました。価格はSIMカードが3万キープ、データープランが1万キープでした。通話なしのデーター通信だけで、1ヶ月有効で1G利用できると言っていたと思います。購入にはパスポートなどは必要ありませんでした。

■UNITELのSIMカード
ラオス旅行

レンタサイクル

ビエンチャンではレンタルバイクが1日300バーツくらいすると聞いていたのでレンタサイクルを借りました。ホテルの隣りのナンプー広場近くのゲストハウスで自転車を借りました。レンタサイクルの値段は1日当り1万キープ(100円程度)で別途千バーツのデポジットを払いました。このレンタサイクルではパスポートなどは不要で、ホテルと部屋番号を聞かれたくらいで借りることができました。また、レンタル時には大きなチェーンロックを貸してくれます。

自転車は乗っていると暑くて汗だくになりますが、タイよりはいくぶん涼しく感じました。1日で10kmくらい激走しましたが、おかげさまで美味しいビアラオを飲むことができました。

■レンタルサイクル
ラオス旅行

バス料金表

私が泊まったホテルのバス料金表を参考までに掲載しておきます。料金はバス運賃にタラートサオ・バスターミナルまでの送迎料金が含まれたものです。

■バス料金表ビエンチャン ウドンタニー バス

今回は5年ぶりに2回目のビエンチャンですが、前回はツアー(1泊)参加でしたのでずいぶん印象が異なりました。ビエンチャンには1泊だけでこれからタイに戻りますが、観光の様子などは明日以降にお伝えする予定です。

リンクはこちらから:2018ビエンチャン・タイ東北部旅行3 ビエンチャン観光

リンクはこちらから:2018ビエンチャン・タイ東北部旅行4 ビエンチャン食事

リンクはこちらから:2018ビエンチャン・タイ東北部旅行5 ウドンタニー

リンクはこちらから:2018ビエンチャン・タイ東北部旅行6 コラート

リンクはこちらから:2018ビエンチャン・タイ東北部旅行7 コラート⇒パタヤ移動

リンクはこちらから:2018ビエンチャン・タイ東北部旅行8 総括

スポンサーリンク

シェアする

フォローする