タイ・パタヤで運転免許証を取得しました 中編(居住証明書、健康診断書取得など)

前回に引き続き、タイでの免許証取得の体験記を紹介します。
少し長くなりますがお付き合いください。

前編はこちらから

タイ・パタヤで運転免許証を取得しました 前編(概要と日本での準備)

タイ運転免許証の取得について

今回はタイ・パタヤで免許書取得に必要な書類の準備を紹介します。国際免許証からの車とバイクの免許証を同時に切り替えるケースを紹介しています。

免許証取得に準備するもの

免許証取得に具体的に必要なものを確認していきます。国際免許証は日本で取得済みだと思いますので、3の居住証明書を取得できるか否かがポイントになると思います。居住証明書さえ取得できれば、ほぼ問題なく免許証を取得できると思います。

1.国際免許証原本 → 日本で取得
2.パスポート原本
3.居住証明書
・3-1.パスポート原本
・3-2.証明用写真2枚 4×6cm
・3-3.パスポートのコピー(顔写真、入国スタンプ、出国カードを各コピー)
・3-4.アパートの住所確認をできる書類 (私の場合は名刺カードと領収書)
・3-5.申請料 300バーツ
4.健康診断書
・4-1.パスポート(コピーで可)
・4-2.作成料 200バーツ
5.パスポートのコピー(顔写真、入国スタンプ、出国カードを各コピー) 2枚(同時申請の場合)
6.国際免許証のコピー(表紙と英語の要件が記載されたページ) 2枚(同時申請の場合)
7.居住証明書と健康診断書のコピー(車かバイクいずれかの場合は不要)
8.申請料 合計530バーツ

タイで免許証申請書類の準備

免許証は陸運局で申請、発行されますが、事前準備として居住証明書、健康診断書、各種書類のコピーを行います。

居住証明書取得

居住証明書はタイのイミグレーションオフィスで発行してもらえる、住居の公式証明書類です。日本で言えば、住民票みたいなものでしょうか。銀行口座の開設にも必要なことがあると聞いたことがあります。

免許証を取るために居住証明書の取得が最大のハードルだと思いますが、ここパタヤでは比較的簡単に取得できました。

証明用写真の準備

初めに街の写真屋さんで証明用写真を撮ってもらいましょう。注意深く歩いていれば、すぐに見つけることができます。私はソイブッカオの写真屋さんを利用しました。居住証明に必要な写真は4×6センチの写真2枚です。4枚で100バーツ程度だったと思います。


写真サイズの伝え方は、「4 by 6 cm」か「2 inchi」で通じると思います。私は日本で撮った写真データーがありましたので、SDカードに保存しプリントアウトして貰いました。スーツ姿で写っていますので、多少心象が良くなることを期待しております。価格は新規撮影と変わりませんでした。

各種書類コピー

多くの写真屋さんはコピーサービスも併設してします。イミグレーションオフィスや陸運局でもコピーは取れますが、混んでいることもありますので、事前に街のコピー屋さんで準備すると良いでしょう。一枚2バーツ程度で、価格も少し安くなります。コピーするサイズはすべてA4に統一しましょう。操作はコピー箇所を指定するだけで、すべて店員が行ってくれます。今回知ったのですが、SDカードにいれたpdfなどのドキュメントも、コピーできるようですのEチケットの印刷などに使えそうです。

居住証明書を取得するためにコピーする書類は下記の二種類になります。後で免許証を陸運局に申請する際に必要な書類も一緒にコピーしておくと良いでしょう。
3-2.パスポートのコピー (顔写真のページ、入国スタンプのページ、出国カードを各コピー)
3-3.アパートの住所確認をできる書類 (私の場合は名刺カードと領収書)

パスポートは顔写真のページを一枚と入国スタンプのページと出国カードを同じページにコピーして2枚コピーを取りました。

アパートの住所確認をできる書類は何が有効かよく分からず迷ったのですが、結局アパートの名刺カード(住所記載)と手書きの領収書を使用しました。両方の書類をA4サイズ一枚にコピーしました。私の場合はこれで問題はありませんでした。予約サイトのAgodaなどのバウチャーでも利用できたと聞いたことがあります。

イミグレーションオフィスで居住証明書取得

写真と書類の準備ができたらジョムティエンビーチロードのsoi5にある、チョンブリのイミグレーションオフィスに向かいます。私は後の陸運局への移動も考え、レンタルバイクを利用しました。イミグレーションオフィスの場所は下記になりますが、比較的わかり易い場所にあります。パタヤ中心部からはバイクで15分程度でしょうか。

朝、9時半頃にイミグレーションオフィスに到着すると既に入り口に人だかりができておりましたが、建物の中に入り、入り口正面の受付で居住証明書を取りたいと告げ、申請書を入手しました。「レジデンス・サティフィケート(Residence certificate)」と言えば通じると思います。申請書の名前は「APPLICATION FORM FOR RESIDENCE CERTIFICATE IN THAILAND」です。

次に隣のブースで書類を記入しますが辞書が必要なほどの難しい記入項目はありませんでした。パスポートを見ながら順番に記載していけば5分くらいで完了するでしょう。タイの住所が日本でいう、県、市、町、通り、アパート名などの細かいマスに区切ってあり、書く場所がよく分かりませんで、適当に住所を全部記載しました。多分、間違った位置に記載してしまったと思いますが、特に問題はありませんでした。

書類の記入が終わると再び入り口の受付に戻り、簡単に書類の確認をしてもらい、番号カードを受取り、中へ入るように促されました。

イミグレーションオフィスはシステマティックに運用されており、タイ語が分からなくても大きな混乱はありませんでした。日本の役所同様にTVモニターに番号と窓口番号が表示されますので迷うことはないと思います。居住証明書の窓口は入り口を入って手前左側のカウンターです。10分ほど待つと私の番号を呼ばれ、書類を提出しました。書類の確認をすると特に質問を受けるわけではなく、20分後にこの窓口に取りに来なさいと言われ、別の番号カードを渡されました。

20分経過した時点でカウンターに出向きますが、まだできておらず、もう少し待てとのことです。結局、できた順に直接番号札を呼んでいるようで、完了まで45分位掛かりました。

私の場合は9時半頃到着し、1時間15分ほどで居住証明書を入手することができました。

健康診断書取得

健康診断書は街の小さな病院(クリニック)で書いてもらえます。特に難しことはなく、心配することはありません。

歩きながらクリニックを探しますが薬屋は沢山ありますが、クリニックはあまり見かけません。「ジェネラル・トリートメント」などと英語で書かれていたら、迷わず飛び込みましょう。私はセントラルパタヤロード沿いのクリニックで取得しましたが、ソイブッカオ沿いでも2箇所程度見かけました。

中に入り受付嬢に、英語で運転免許証を取りたいので健康診断性を書いてほしいというと、すぐに通じました。運転するジェスチャーをしながら、「ヘルス・サティフィケート(Health certificate)」とか「メディカル・サティフィケート(Medical certificate)」と言えば通じると思います。

手続きはパスポートを提示するように言われましたが、持っていませんでしたのでパスポートのコピーを出したら問題ありませんでした。コピーするわけでもなく、私の英文名前とパスポート番号が知りたかったようです。しばらく書類の記載を続けていたかと思うと、突然タイ語の書類を渡され、これが診断書原本と言われました。

私が診察は必要ないのかと聞くと、受付嬢は私が今健康状態を確認したので問題ないと言われ、私は苦笑しながらおまえはいい医者だなと言い残して退散しました。

私はタイ語が読めませんので何の書類であることすら分かりませんが受付嬢を信じてみましょう。診断書作成費用は200バーツでした。

書類のコピー

最後に陸運局への申請する時に使用する書類のコピーです。居住証明書を申請したときの要領で行えば問題ありません。

5.パスポートのコピー (顔写真、入国スタンプ、出国カードを各コピー) 2枚(同時申請の場合)
6.国際免許証のコピー (表紙と英語の要件が記載されたページ) 2枚(同時申請の場合)
7.居住証明書と健康診断書のコピー(車かバイクいずれかの場合は不要)

パスポートのコピーは居住証明書申請の時と全く同じです。顔写真、入国スタンプのページと出国カードをコピーします。車、バイクの同時申請なら2部づつ必要にあります。

国際免許証のコピーは少し、コツが入ります。一枚は国際免許証の表紙、もう一枚は中を開いて英文で説明が書いてあるページをコピーします。3ページが横に並び、丁度A4のコピーサイズに収まります。こちらも車、バイクの同時申請なら2部づつ必要にあります。

最後に居住証明書と健康診断書を一部づつコピーします。車とバイクを同時に申請する場合には片方はコピーで受け付けてもらえるようです。同時申請でない場合はそれぞれ原本を提出すればいいでしょう。

少し長くなりましたが、以上で陸運局への申請準備はすべて完了です。

後半に続く

タイ・パタヤで運転免許証を取得しました 後編(陸運局で免許証取得)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. より:

    はじめてコメントします。
    参考になる内容が多く、ほとんど読ませていただきました。

    質問ですが、①二輪と四輪の免許証を取得するのに、居住証明書と健康診断書は一部づつ取得されたのでしょうか。
    ②次回二年後の更新時には五年ものの免許になるのでしょうか。

    • Shepard より:

      柴様

      ご質問いただきありがとうございます。

      今はどのようになっているか分かりませんが私の体験事例に基づき回答します。
      1.私の場合は居住証明書と健康診断書はそれぞれ1部ずつ所得し、それをコピーして提出しました。
      2.現在は免許証にテンポラリーと記載されていますが、それが取れて5年になると信じています。(やってみないと分かりません)
      ご参考になれば幸いです。