パソコン環境をデュアルモニターにしました

パソコン環境をデュアルモニターにしました

今回の日本帰国時にHPのコンパクトパソコンを購入し、パタヤに持ち帰りました。その後、モニターを追加購入してデュアルモニターにしてみました。

リンクはこちらから:日本でデスクトップパソコンを購入→持ち帰り

パソコン

モニターの接続

外部モニターの接続はパソコンのスペックに依存します。モニターが1台しか接続できないパソコンもありますが、一般的なサイズのデスクトップパソコンであれば、ビデオカードを追加すれば複数のモニターに表示できるようになります。インターフェース(コネクター)もいろいろなタイプがありますので、モニターを購入前に注意が必要です。

今回購入したパソコンはHDMIとDisplayPortのモニター出力がついています。それぞれの端子に1台づつモニターを接続すればデュアルモニターの環境が整います。

HDMIは一般化されていますが、DisplayPortを搭載したモニターはあまり市販されていません。調べてみるとDisplayPortとHDMIの変換ケーブルが市販されており、それを使用するとHDMIモニターが使用できるようになります。価格は少し高めで、2千円くらいからでした。

モニター購入

モニターは1台目と同じ、HPの24インチディスプレイを追加購入しました。デュアルモニターにするには、可能であれば同じサイズのモニターが好まししいので、前回購入したのと同じモデルを追加購入しました。

24インチの画面にフルHD(1920×1080)の表示が可能で、このモニターを2枚並べて接続します。パタヤのパソコンショップで4,990バーツでしたので、日本で購入するのと値段は大差ないように思います。

パソコン

モニター設定

モニターの接続は簡単で、HDMIとDisplayPortにモニターをそれぞれ接続するだけです。その後インテルのグラフィック・コントロールパネルよりモニターの設定を行います。ディスプレイモードを拡張デスクトップに変更し、右と左のモニターの順番を合わせるだけです。以上でデュアルモニターの設定は完了です。

パソコン

デュアルモニターを使用してみて

デュアルモニターを使用してみて1週間になりますが快適そのものです。

これまではノートパソコンに外付けモニターを接続していました。モニターの大きさと解像度が違うため、左右のモニター間でマウスの移動がスムーズにいきませんでした。今回は同じサイズのモニターですので、シームレスに近いモニター環境になりました。

デュアルモニターは一度に視認できる情報量が増えるので非常に便利です。特にウェブサイトで調べごとをしながら、片方の画面のExcelでまとめをするときに重宝します。また、通常は右側のディスプレイにYouTubeなどの動画をかけ流しにしながら、他の作業をしています。

一度利用してしまうと元のシングルディスプレイには戻れなくなるほど快適です。最近はモニターの値段が安くなっていますのでマルチモニターの環境をお勧めします。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする