えええ~ 日本で買ったパソコンが海外で使えないって?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

えええ~ 日本で買ったパソコンが海外で使えないって?

昨日についでのパソコンネタですが、使用可能な電源電圧について日本の外資系パソコンメーカーに問い合わせたら、アレレと思うような回答でしたので共有しておきます。

220Vに対応しているけど、でも対応していない?

現在日本でパソコンを購入してタイに持ち帰ろうとしており、機種選定をしている最中です。220V電圧での使用可否を日本の米国系の有名パソコンメーカーに問い合わせた時の出来事です。

コンパクトサイズのデスクトップパソコンを探しており、購入前に念のため220V電源の対応状況を確認しました。メールで問い合わせをしたのですが、ACアダプターは100-240V対応しているが、変圧器を使用するなどしてくださいとのことでした。禅問答のように意味の分からない回答でしたので、更に問い合わせると以下のようになっていました。

・パソコン本体とACアダプターは100-240Vに対応している
・しかし、末端のACコードは100Vしか対応していない

ACコードは汎用規格の脱着式のタイプですが、仕様が100V対応のみとのことです。サポートからの回答は、ACコードを自分で購入するか変圧器を解することを勧められ、付属のACコードは使用できないとのことでした。

パソコンの仕様書はACアダプターは100-240V使用可能と明記してありますが、パソコンとしては100Vしか使用できない間際らしい表現になっています。わずか百円程度のACコードで100Vしか動作しないパソコンになっているようで、思わずなんとかしてくれと思ってしまいました。たぶんACコードは認可の問題で、認可を取得すると余計なコストがかかることが原因だと思います。

実際に付属のACコードを220Vで使用しても問題ないと思いますが、メーカー回答は建前的に頑なに使用できないとのことでした。また、同社のノートパソコンのACコードについても問い合わせても同様の回答でした。ノートパソコンを海外で使用する事例はいくらでもあるのですが、私が問い合わせた米系有名メーカーはノートパソコンを海外で使用するとはできないとのことでした。誰でも海外に行く時代に、100Vしか使用できないノートパソコンなど売り出すなと思わず思ってしまいました。

参考:パソコンの使用電圧について

私が知る限り、このようなACコードの規格の問題を除けば、殆どのパソコンはそのまま海外で使用できると思います。ほどんどのパソコンの電源は100-240Vのユニバーサル仕様になっています。

ノートパソコンは外付けのACアダプターを使用しており、コンセントプラグの形状だけの問題でほぼ問題なく使用できます。大抵はACアダプターに入力電圧(INPUT)が100-240Vと書かれていると思われます。

デスクトップパソコンもそのまま200V系の電源で使用できることが殆どです。内臓の電源ユニットの種類によっては、100Vと200Vの切り替えスイッチがあるタイプがあります。このタイプの電源はスイッチを切り替えれば220Vでも使用できるようになります。

曲者なのはコンパクトタイプのデスクトップパソコンです。外資メーカーであれば、殆ど100-240Vに対応していると思いますが、一部の国産メーカーは100Vのみの製品もあります。特に外付けのACアダプターのタイプは注意が必要です。

殆どのパソコンは海外でそのまま使えますが、念のため対応電源の確認はした方がいいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
携帯・パソコン
Shepardをフォローする
シェパードの東南アジア放牧記 from パタヤ

コメント