為替レート表示アプリ XE Currencyの紹介

為替レート表示アプリ XE Currencyの紹介

各国の為替レートを一覧表示できる、スマホアプリXE Currencyを紹介します。各国の通貨を1万円で両替すると2,900バーツなどと、直感的に確認できるので役に立っています。

XE Currency

XE Currencyは為替情報を発信するウェブサイトのアプリで、iPhone、Androidともに利用できます。私は英語のニュースサイトでこのアプリを見つけましたが、他にも同様の機能を持つアプリはあると思います。私は英語表示で使用していますが、日本語表示(機械翻訳)にも対応しているようです。

使用方法は基軸となる通貨を一番上にスライドさせ、興味のある通貨を下に並べていきます。通貨の追加は画面下の「Add More Currencies」からできます。表示レートはTTM(金融機関同士が売買するレート)で、実際の両替レートより少しだけ悪いレートが表示されます。

一番上に日本円などの基軸通貨を設定し、電卓欄に10,000円などと入力します。すると10,000円で両替できる外貨額が表示されます。タイバーツの例では1万円で2,905バーツとなります。よく行く国を登録すると、為替レートが簡単に確認でき便利です。

操作説明は割愛しますが、スクリーンショットのように、通貨を並べれば簡単に設定できると思います。

xe currency

通貨右側の「→」をクリックすると、為替チャートを確認できます。上部のFrom欄から、通貨ペアを変更するれば、他の通貨のチャートを表示させることができます。チャートの期間も1日から10年まで選択することができます。

以下は日本円-タイバーツの過去一年間の為替レートです。最近はタイバーツの両替レートが悪くなる一方で、最近は一万円両替しても2,900バーツ程度で涙が出てきます。皆様の中にも、観光や夜遊びなどで、影響を及ぼされている方も多いと思います。

xe currency

おまけ:タイバーツ高騰の原因

おまけにタイバーツ高騰の原因も触れておきます。アメリカと日本円の為替チャートを見ているとわずかながら円高ドル安方向に巻き戻しが入っています。円高ドル安は外貨を両替するにはいい方向に進んでいますが、いつまでたってもタイバーツの為替レートはよくなりません。(スクリーンショットは円ドルの分母分子が通常と逆:トレンドは同じ)

xe currency

次にアメリカドルとタイバーツの過去一年間のチャートを見ると、見事にドル安バーツ高が進行しています。タイバーツは過去一年間にドルに対して10%以上高くなっています。これが円高になってもバーツ安にならない原因です。

トランプさんはアメリカファーストと吹聴しており、アメリカ株は上がっていますが、弱い米ドルは容認しているようです。また、もしかしたらタイの経済が思いの他に好調で強いタイバーツを演出しているのかもしれません。一般的に新興国の為替は高くなる傾向があると言われていますが、製造業や観光業には好ましいことではありません。右肩下がりのドル/バーツチャートが反転する日が来るのを待ちわびています。

xe currency

スポンサーリンク

シェアする

フォローする