パタヤのイミグレーションオフィスで90日レポートを届け出

パタヤのイミグレーションオフィスで90日レポートを届け出

パタヤ・ジョムティエンビーチのイミグレーションオフィスに90日レポートの届け出に行ってきました。届け出に必要なものはパスポートと出国カードのみで、約10分で手続きが完了しました。

90日レポートとは

90日レポートとは、タイに90日以上続けて滞在する場合に、イミグレーションオフィスに居住地を届け出る仕組みです。形骸化しているようにも思われますが、90日レポートを怠ると、5,000バーツ+200バーツ/日の罰金が課せられます。90日レポートは申請や認可でなく単なる事務的な届け出で、届け出を怠っても悪質なケースでない限り罰金刑で済むようです。

90日レポートのポイントは以下のようになります。

1.タイに90日以上継続して滞在する場合はイミグレーションオフィスに90日レポートの届け出が必要
2.タイから出国すればリセットされ、再入国日を起点として90日の日数計算を行う
3.90日レポートはタイ滞在90日目の15日前から7日後までに届け出が可能

90日レポートのポイントは届け出を忘れないようにするだけで特段難しいことはありません。ビザの延長をしても90日レポートの期限は延長されないと聞いたことがありますので、ビザ更新時に次の90日レポート日を確認した方がいいと思います。私の場合は3ヶ月のリタイアメントビザから1年のリタイアメントビザに切り替わりましたが、1年ビザの更新日が90日レポートの起点になりました。途中、ビザなし入国→1ヶ月ビザ延長→90日リタイアメントビザ→1年リタイアメントビザのステップを踏んでいますが、今回が初めての90日レポートでした。

■90日レポートに関する注意事項(1年ビザ取得時)

90日レポート届け出

私の場合は一旦出国して9月4日にタイに再入国していますので、9月4日を起点に90日レポートのカウントが始まっています。90日レポートはバンコクではオンラインや郵送でも受け付けているようですが、ジョムティエンビーチのイミグレーションオフィスに直接届け出に行きました。必要なものが分からなかったため、パスポートと写真を持って出頭しました。

正面のカウンターでNinety days reportと伝え、パスポートを見せました。係員が入国日を確認してTM47のフォームを手渡されました。初回届け出のみ届け出用紙が必要で、次回からは用紙不要とも聞いたことがあります。

届け出用紙の記入は簡単な内容で順番に埋めていきます。下半分はオフィシャル使用欄ですので記入不要です。記入できたら再びカウンターに行き、整理券をもらい4番の窓口に行くように促されました。

4番の窓口に行くと5人待ちで、カウンターが2つ開いていて、すぐに自分の順番が来ました。自分の番になり届け出用紙とパスポートと出国カードを提出しました。しばらくデーターをパソコンに入力して、青色の紙の「RECEIPT OF NOTIFICATION」を印字してもらい、パスポートの裏表紙にステープル留めして90日レポートは完了です。

90日レポートの用紙には、次回の90日レポート日が2月24日と書かれていますので、その日から15日前から7日後までに届け出の義務があります。届出日が次回90日レポートの起点日になるので、出国予定のない人は期限ギリギリに届け出するのが効率的だと思います。

月曜日の2時半頃にイミグレーションオフィスに行きましたが10分くらいですべて完了しました。(他の窓口は結構混んでいました)

■TM47のフォーム90日レポート

■右奥の4番窓口で受付90日レポート

■90日レポートの証書(NOTIFICATION)90日レポート

スポンサーリンク

シェアする

フォローする