IHヒーターを購入して自炊開始

IHヒーターを購入して自炊開始

初めに

現在はパタヤのサービスアパートメントに住んでいて、キッチンがありません。タイは外食が安いので自炊は一般的ではないのですが、毎日外食ばかりでは飽きてきます。

パタヤで生活を始めしばらくすると、週に1-2回くらいはアパートで自炊をしながら、ゆっくり酒でも飲みたいと思うようになりました。電子レンジ、IHヒーター、炊飯器などを購入すれば、ある程度の自炊はできそうですが、以下の理由により思い留まっていました。

・アパートの部屋が狭く置き場がない(調理器具、食器、フライパンなど)
・換気扇がなく匂いが部屋にこもる(焼肉など)
・シンクがなく洗い物がやりにくい(洗面所の水道のみ)
・蟻、ゴキブリが発生する(油断すると蟻が外から大量侵入する)

今回は簡単な自炊をするためにIHヒーターを購入してみました。

IHヒーター購入

セントラルマリーナのビッグCの特売で、599バーツのIHヒーターをで購入しました。IHヒーターは見知らぬタイメーカー製ですが、1,300Wで鍋も付属でついています。少し心配もありますが毎日使うわけでもないので気にせずに購入を決意しました。

■IHヒーターIHヒーター

■IHヒーターIHヒーター

IHヒーター 使用レポート

早速ですが開封してセットアップしました。付属の鍋を乗せて電源をONすると問題なく使用できます。フライパンを購入予定でしたが、試しに付属の鍋で調理をしてみました。

ダイエット中ですので、鳥のささ身を焼いてみることにしました。スーパーマーケットで鳥のささ身と調味料を購入して料理開始です。調味料は取り敢えずオリーブオイル、塩、黒胡椒、テリヤキソース、しょうゆ、ガーリックパウダーを購入しました。

IHヒーターに付属の鍋を乗せて電源を入れるとすぐに加熱し、オリーブオイルで鶏のささ身を焼こうとしました。しかし、鍋底が熱で赤くなるほどのペラペラの鍋で、フライパンとしての使用には不適のようです。ささ身を乗せるとが瞬間的に焦げまくり、部屋中に煙が充満してしまいました。窓を全開にしてなんとか換気しましたが、火災報知器があれば作動するほどの煙量でした。次回はフライパンを購入して焼き物に挑戦してみます。

仕方ないので鍋に水を張り、ささ身をボイルすることにしました。鍋の半分くらいに水を入れ、沸騰させてささ身を茹でました。火力は強力で割と早く沸騰し、その後は温度設定を低くして5分くらいささ身をボイルしました。ささ身は調味料を掛けるだけの味気ないダイエット食でしたが、十分美味しく調理できました。

まだ1回だけの使用ですが、IHヒーターの火力は十分で火力調整もでき、機能としては問題ないように思います。但し、使用中にビビリ音、ジージー音、ファン音などのノイズが発生し、爆発しないかと少し不安でした。また、使用後にIHの表面が少し熱くなっているのも少し気になりました。しかし、機能に問題はなく599バーツの格安IHヒーターですので、総じて満足しています。

■IHヒーターと付属の鍋 温度表示機能付きIHヒーター

■調味料IHヒーター

今回は最低限の自炊設備としてIHヒーターを購入しました。これで簡単な炒め物やパスタなどは作れそうですが、換気扇がないため焼肉などは困難に思いました。少しずつ、簡単な料理レシピを勉強してみようと思います。

今回は簡易的にIHヒーターを購入してみましたが、自炊がしたければキッチン付きのアパートに引っ越したほうが手っ取り早いようです。ともあれ、IHヒーター購入により生活環境は少しだけ改善されました。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする