セカンドロードのパタヤアベニューのスポーツジム FITness7

セカンドロードのパタヤアベニューのスポーツジム FITness7

セカンドロードのパタヤアベニュー内にある、私の通っているスポーツジムを紹介します。よろしければ昨日紹介した、スポーツジムCOCO FITNESSと合わせてご覧ください。

リンクはこちらから:FITness7公式ウェブサイトへ

リンクはこちらから:ビーチロード沿いの新しいスポーツジム COCO FITNESS

FITness7へのアクセス

FITness7はセカンドロード沿いのショッピングモール、パタヤアベニュー内にあります。入り口はスーパーマーケットの左隣になります。

パタヤアベニューはセントラルロード沿いのソイ14付近にあります。セントラルパタヤロードとサウスパタヤロードの大体中間付近です。基本的にはソンテウで行けますが、行きか帰りのどちらかは一方通行のため、ビーチロードかソイブッカオでソンテウを利用することになります。バイクは敷地内の駐輪場に自由に駐輪することができます。

リンクはこちらから:セカンドロード沿いのショッピングモール パタヤアベニュー

■地図

■入り口 カードキーですパタヤアベニュー

エントランス・料金など

正面入口のカードキー式のドアから、スポーツジムの中に入ります。左側のエスカレーターから2階に上がり、カードキー式のドアの先がエントランスです。カードキー式のドアはスタッフに見学したい旨を伝えれば、空けてくれます。

料金は以下になります。COCO FITNESSよりは安い料金設定ですが、入会時にメンバーカード発行料が100バーツ必要です。

コース料金
1日350バーツ
1ヶ月1,600バーツ
3ヶ月4,500バーツ
カード発行費100バーツ

営業時間は年中無休の24時間営業です。エントランスで飲料やプロテインなどのサプリメントも販売しています。 オプティマムのプロテインはFITness7が一番安い(2500バーツ/5lb)ように思います。

あまりレベルは高くありませんがトレーナーも何人かおり、聞けばマシーンの使い方などを教えて貰えます。

■エントランス

■プロテインなどのサプリメント販売

更衣室

更衣室は一階に奥にあります。ロッカーはフリーアドレスですが、自分で南京錠やダイアル錠を用意する必要があります。シャワーは12ブースありますが、9ブースは水シャワーです。更衣室にはエアコンがなく、汗がなかなか引かないのが難点です。

■更衣室 エアコンなし

■シャワー 12ブース(9ブースは水シャワー)

ムエタイリング

1階入り口の正面に本格的なムエタイのリングがあります。貸しグローブもありますし、タイ人トレーナーとスパーリングもできます。(多分無料)

■ムエタイリング 貸しグローブあり

手前のエリア(エアコンあり)

2階がジムエリアになっており、手前のエアコン付きの部屋と奥にエアコンなしの部屋があります。両方の部屋ともにほぼ一通りのトレーニング機器があり、ジムの規模としてはかなり大型です。全部でスミスマシーンが5台、ケーブルマシーンが2台、ベンチプレスが4台、フリーウェイトエリアが2箇所もあり、筋トレ設備は相当充実しております。筋トレ機器はすべて新しく、気持ちよくトレーニングできます。

■手前のエリア

■筋トレマシーン類 ケーブルマシーン、スミスマシーンありFITness7

■フリーウェイトエリア

■有酸素運動 トレッドミル、クロストレーナー、エアロバイク

ホットゾーン(エアコンなし)

奥側に部屋がエアコン無しのホットゾーンで、エアコン付きの部屋の3倍くらいの広さがあります。有酸素運動は暑くて不適ですが、筋トレ機器はより充実しております。こちらのほうがコアなエリアで、ゴリラみたいな体系をした欧米人がモクモクと汗を流しております。

最初は暑くて不快でしたが、慣れてくるとホットゾーンのほうが快適になってきます。

■HOT ZONE エアコンなしで扇風機のみ

■ホットゾーン 写真写りが悪いですが、スペースはかなり広い

■多目的懸垂ラック

■ベンチプレス フラット、インクライン、デクライン、マルチ

■フリーウェイトエリア

■ストレッチエリア

■有酸素運動 暑くて不適

1ヶ月会員で1,600バーツ掛かりますが、十分設備の備わった大型のスポーツジムです。有酸素運動、筋トレのいずれにおいても、トレーニング機器が不足するようなことはないと思います。

見学は自由にできますので、COCO Fitnessと見比べてから、加入を検討するのがいいのかと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする