入門編:パタヤ・バービアの遊び方 中編

入門編:パタヤ・バービアの遊び方 中編

リンクはこちらから:入門編:パタヤ・バービアの遊び方 前編

バービアの遊び方と、ちょっとしたTips

バービアの遊び方は、羽目を外しても数千バーツで収まりますので、各自で好きなように遊べばいいと思います。多少の馬鹿騒ぎやセクハラくらいは問題ありませんが、海外では「飲んだ席では無礼講」みたいな考え方はないので、限度を超えた飲み過ぎには注意しましょう。バービア遊びのちょっとしたTipsを紹介しておきます。

基本的な遊び方

バービアに入ったら飲み物を聞かれるので、シンハー、ハイネケンなどと言ってオーダーします。完全明朗会計でテーブルチャージなどは不要ですので、必要なのは純粋に飲んだドリンク代だけです。

気に入ったバービア嬢がいれば、レディードリンクを奢りながら、一緒に飲めばより楽しいと思います。遊び方はバービアの雰囲気を壊さぬ範囲であれば、何をやってもいいと思います。たまに空気を読めない、インド人や酔っぱらい欧米人などがいますが、そのようにならないようにスマートに遊ぶことを心がけましょう。

会計はテーブルの伝票をバービア嬢に渡すか、チェックビンと言えば完了です。引き止めは殆どありませんので、バービアをハシゴするのも楽しい遊び方です。

バービア譲とのおしゃべり

バービア遊びの基本はバービア譲とのたあいのないおしゃべりです。気に入ったバービア嬢がいればレディードリンクを奢って、一緒に飲むことができます。殆どの客は欧米人でタイ語か英語での会話になりますが、飲むだけですので大きな不都合はないと思います。

バービア譲との会話に困ったらゲームをやれば、取り敢えず間は持ちます。軽いセクハラくらいは問題ないので、羽目をはずして大いに楽しみましょう。また、気に入ったバービア嬢はバーファインを払えばバービアから連れ出せます。

タイのバーやレストランには必ず鐘がぶら下がっています。鐘には重大な意味があり、鐘を鳴らすとお店にいるすべての客とバービア嬢にドリンクを奢るサインになります。

鐘を鳴らすと注目を浴びて人気者になれるので、楽しく病みつきになります。他の客が鐘を鳴らしてドリンクを奢ってもらった時は、乾杯をして簡単なお礼を言うのがいいと思います。また、対抗して鐘を鳴らし返したり、そっとドリンクを差し入れるのもスマートな方法だと思います。

タマダー

レディードリンクは客の頼むドリンクにバービア嬢の取り分として、50-70バーツくらい上乗せされています。タマダーは客と同じ価格のドリンクのことを意味し、レディードリンクをタマダーにして貰えば、安くバービア嬢と飲むことができます。

私は飛び込みのバービアでいきなりタマダーと無粋なことはしませんが、馴染みのバービアではほとんどタマダーを利用しています。出費がかなり軽減でき、その分たくさんドリンクを奢ることができるので、一緒にたくさん飲むことができます。飲み好きのバービア嬢は、タダ酒にありつけるのでタマダーでも結構喜んでくれます。

60バーツビールのバービアなら、2,000バーツで30本以上ビールを頼むことができますので、かなりお得な遊び方だと思います。

テキーラ

説明不要だと思いますが、バービアが盛り上がっ時はテキーラが登場します。ショットグラスにストレートのテキーラ注ぎ、塩とライムで一気に飲みます。テキーラは掛け声とともに、ノリと勢いで一気に飲み干しましょう。テキーラを飲む時はビールがチェイサーになり、後から酔っぱらうので注意しましょう。

私はテキーラをオーダーすることはありませんが、他の客に奢ってもらうことは度々あります。ありがたくテキーラを頂いて、余力があれば鐘を鳴らして反撃するか、そっとビールを差し入れています。

食べ物持込み

バービアに食べ物を持込みことは問題ありません。好きな食べ物を持ち込んで、食事をしたり、ツマミを食べることができます。近くの屋台で食べ物を購入してもいいですし、コンビニなどでスナック類を持ち込んでも問題ありません。また、バービア嬢にリクエストすれば、いろいろ買ってきてくれると思います。ジャンクフードを持ち込んで夕食とすれば安上がりですし、ツマミを買って皆で食べるのも美味しいものです。

パーティー

ママの誕生日などにバービアでパーティーを行うことがあります。数日前から垂れ幕などで予告され、当日は風船などのデコレーションが施されます。

パーティーは通常のドリンク代だけで、無料で軽食にありつけます。誰でも参加できるので、初めてのバービアで、パーティーに飛び込んでも問題ありません。

誕生パーティーでしたら、主役にレディードリンクをご馳走すれば喜んでもらえると思います。また、タイでは首飾りに紙幣(20バーツ札や100バーツ札)をステープラーで留めていく習慣がありますので、気が向けば協力してあげましょう。

一人飲み

バービアは馬鹿騒ぎを場所のように思われるかもしれませんが、友人や一人で静かに飲むのももちろんOKです。実際に静かにチビチビと飲んでいる欧米人は非常に多いです。たまには人間模様を観察しながら、一人静かに飲むのもいいものです。営業がなく放置プレイで静かに飲めるバービアも数店探しておくと便利だと思います。

ゲーム

バービアには余興として様々なゲームが用意してあります。ゲームの遊び方には次章で説明します。

リンクはこちらから:入門編:パタヤ・バービアの遊び方 後編

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. KAIS より:

    鐘、ありますよね。
    まだ鳴らした事は、ありませんが、おもしろそうですね。
    今度いった時に、トライしようと思います。

    ただし、よく周囲を確認して、ある程度の頭数は知っておいた方が、良いですね。

    • Shepard より:

      KAIS様

      鐘は周囲をよく確認してから、タイミング良く鳴らすのがポイントですね。
      ゴーゴーバーで鳴らしてしまうと大変な目にあいますので注意しましょう。
      盛り上がりますので、機会があればノリと勢いで連打してみてください。