血液検査で尿酸値にハイアラート

血液検査で尿酸値にハイアラート

タイトルからして、どうしようもないオッチャンネタですが、自分への戒めとしてブログにアップします。皆さんには、私みたいにジジイにならないように、常日頃から健康維持に努めてください。

初めに

お恥ずかしい話ですが、ここ10年来は不摂生の賜物により、高血圧と高脂質症の薬を服用するようになっております。また、無類の酒好きで、しばし油断すると肝機能の数値も悪化していました。これまでは半年毎に血液検査を受けて、悪いなりに何とかコントロールしてきました。私の場合は体重と密接な関係があるようで、体重維持がマストでした。

今年の1月にパタヤに移住して以来、私の生活習慣は大幅に変わっています。スポーツジム通いに関しては、間違いなく良い習慣だと思いますが、大量飲酒などのマイナスの要素もたくさんあります。これまで、パタヤで生活しながら体調に関する懸念は常にありました。体重に関してはこれまで微増といったところです。

○:スポーツジム通い 週5日くらい
✕:アルコール摂取の増加 たぶん倍くらい
✕:食生活の変化 肉類、脂っこい料理が多い

また、日本の病院では一度に90日分しか薬を処方してくれずに、足りない分はバンコクの薬局で購入していました。保険が効かずに薬価は結構高額ですので、できることなら体質改善を行い薬は減らして行きたいと思っています。現在、日本に一時帰国していますので、血液検査をしてもらいました。

血液検査

高脂質症と肝機能

これまで、血液検査で要注意だったのが高脂質症と肝機能です。これらについての検査結果は、良くもなく悪くもなく現状維持と言ったところでした。肝機能(Γ-GDP)、総コレストロール、中性脂肪は基準値をオーバーしていますが、自分としてはまずまずのコントロールできていると思います。特に酒量が増えて肝機能を心配していましたが、あまり変化ありませんでした。

また、久しぶりに血圧も測定しましたが、こちらもあまり変わっていないようでした。今回帰国時に血圧計を購入したので、パタヤに持ち帰ってモニタリングをしていこうと思います。主治医からは継続して従来と同じ高血圧と高脂質血症の薬を処方してもらいました。

尿酸値アラート 8.6

尿酸値については、これまで血液検査で指摘されたことはありませんでしたが、今回は8.6まで増加していました。この数値は基準値の7.0を大幅に、痛風予備軍といったところです。

尿酸値についてはあまり知識がないのですが、自分なりに思い当たるのは以下になります。

・ビールの増加
・体重微増
・食生活の変化
・筋トレ
・プロテインの摂取(?)

私はこれまで知らなかったのですが、筋トレなどの無酸素運動は尿酸値を上昇させる影響があるようです。また、筋トレ後に筋肉をつけるために肉類を積極的に食べていたのも、原因ではないかと疑っています。現在は痛風の症状が出てないので経過観察で、薬の処方はありませんでした。

現在は筋トレが楽しいため、しばらく続けていこう思っていますが、何らかの改善が必要かもしれません。また、同時に食生活の見直しと体重も数キロ落とした方がいいように思います。この問題についてはもう少しグーグル先生から教えを受けようと思っています。

血液検査の結果ですが、まずは今後も酒は飲めそうで安心しています。パタヤで酒が飲めなければ、私にとってパタヤにいる意味がなくなります。また、既往症の高血圧と高脂質血症も現状維持で一安心といったところです。高血圧の改善は無理かもしれませんが、できれば高脂質血症の薬を飲まなくていいようにしたいです。今回は尿酸値という新たな課題を突きつけれましたが、筋トレと食生活が起因しているように思われます。次回の年末の帰国までには生活改善を試みたいと思います。

最後になりますが、健康は永遠でなく無料でもないということを、年をとるとあらためて感じます。私の場合は健康問題は強制帰国に繋がりますので、引き続き健康管理には留意したいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする