ロボットレストラン 春(はじめ)の紹介

ロボットレストラン 春(はじめ)の紹介

パタヤのセントラルフェスティバルにある、ロボットレストラン春(はじめ)を紹介します。食べ放題のコースで鉄板焼きとタイスキが楽しめます。

ロボットレストラン 春(はじめ) ロケーション

場所はセントラルフェスティバルの5階のビーチ側にあります。少し奥まった場所にありますが、看板があるのですぐわかると思います。

店舗は広く、数百人はゆうに入れる大きなお店です。お店は日本をコンセプトとしているようですが、実際には日本人より中国人をターゲットにしているようです。

■店舗正面 怪しげな人形がお迎えロボットレストラン春 パタヤ

■店舗看板 春と書いて「はじめ」と読みますロボットレストラン春 パタヤ

■看板 Hot PotとBBQ シーフード付きロボットレストラン春 パタヤ

ロボットレストラン 春(はじめ) システム(料金)

食べ放題のコースのみで大人599バーツです。料金以外のサービス料などは掛からなかったと思います。

席は鉄板焼きとしゃぶしゃぶで場所が別れております。鉄板焼きの席でしゃぶしゃぶを頼む時は、100バーツの鍋代が別途必要になります。反対にしゃぶしゃぶの席で鉄板焼を頼む時は、100バーツの鉄板代が別途必要になります。100バーツは鍋または鉄板1つの料金です。

2人で行った場合は、599バーツ×2+100バーツで1,298バーツになります。

鉄板焼きはロボットレストランになっており、従業員にオーダーするとロボットが配膳してくれます。しゃぶしゃぶは回転寿司のようにコンベアーが回っておりますのでセルフサービスで材料を取ります。

■しゃぶしゃぶ用の座席 座席はゆったりしていますロボットレストラン春 パタヤ

■配膳ロボット 空きトレイの回収も行いますロボットレストラン春 パタヤ

■鉄板焼用の座席 回転寿司のタイスキ版ロボットレストラン春 パタヤ

■コンベアー 材料が回っていますロボットレストラン春 パタヤ

ロボットレストラン 春(はじめ) メニュー

メニューは鉄板焼きとしゃぶしゃぶ様に別れております。鉄板焼きは係員に直接オーダーし、しゃぶしゃぶはコンベアーに流れている材料を自分で取りに行きます。

他にもビュッフェコーナーがあり、海鮮(エビ、カニ)、寿司、サラダ、フルーツ、ドリンクなどをセルフサービスで取りに行くことができます。

■鉄板焼きメニュー 注文後はロボットが運んでくれますロボットレストラン春 パタヤ

■しゃぶしゃぶメニュー 回転寿司のように回っていますロボットレストラン春 パタヤ

■海鮮のエビとカニ エビは中国人に食い尽くされましたロボットレストラン春 パタヤ

■サラダバーロボットレストラン春 パタヤ

■フルーツバーと寿司バーロボットレストラン春 パタヤ

■ドリンクバーロボットレストラン春 パタヤ

■ビール シンハー120バーツ、ハイネケン140バーツ 高すぎ!!!!!ロボットレストラン春 パタヤ

ロボットレストラン 春(はじめ) 実食

私は鉄板焼きのシートに座り、鍋を追加でオーダーしました。鍋はIHヒーターと一緒に持ってきて、テーブルに置いてもらえます。鍋はスープの種類を選択でき、二種類の辛さの鍋を選択しました。

鉄板焼き

鉄板焼きは従業員を呼び、メニューからオーダーします。オーダー後すぐにロボットが材料を配膳してくれます。ロボットはよくできており、空きトレイの回収も同時に行っています。また、空き時間には客に手を振るパフォーマンスも行っています。ここまでできるのなら、タブレットでオーダーするのが普通だと思うのですが、ツメの甘さがタイらしいところです。ビールは頼めば、ビュッフェカウンターから持ってきてもらえます。(大瓶なし)

材料はトレイに入って配膳されますが、肉は薄切りで野菜類も盛り量は少なめです。どんどん頼まないと食べる量に追いつかないと思います。

鉄板に油を引き、材料を焼いていきます。鉄板が焦げやすく、肉が薄いこともあり上手に焼けません。鉄板が薄く、中央部のみ熱くなり、周辺部は冷えていたように感じました。焼肉というより、鉄ベラで材料をごちゃまぜにする、鉄板焼きのスタイルです。

しゃぶしゃぶ

しゃぶしゃぶはコンベアーまで直接材料を取りに行きます。こちらも材料は少なめのため、たくさん持ってきても大丈夫だと思います。肉はあまりコンベアーに回っていませんので、コンベアーの源泉でもらってくるほうがいいと思います。材料はコンベアーで回り続けているようで、あまり鮮度はないように感じました。

メニューにはしゃぶしゃぶと書いてありますが、完全にタイスキです。鍋に材料を入れ、鍋をつくります。

料金・感想

私は2人で料理を食べ、2,138バーツでした。ビールの大瓶がなく、価格も高いため、1人千バーツ越えでした。

項目単価数量価格
基本料金59921,198
追加鍋1001100
ビール1207840
合計2,138

鉄板焼きとタイスキを一度に食べることができ一見お得そうに思いますが、鉄板焼きとタイスキは別の機会に食べればいいと思いました。育ち盛りならともかく、欲張っても両方をたくさん食べることはできません。

味について特にコメントしませんでしたが、至って普通の鉄板焼きとタイスキです。あまりいい材料を使っているとは思えなかったのが減点材料です。決して不味くはありませんが、特別美味しくもありませんでした。

結論はタイスキが食べたければMKレストラン、焼肉なら韓国レストランに行くのがベターではないのでしょうか。

■鉄板焼き 焼肉とは少し違いますロボットレストラン春 パタヤ

■しゃぶしゃぶ タイスキ鍋ですロボットレストラン春 パタヤ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする