入門編 今話題のVALUて何だ? その6 普通の人がVALU公開して儲かるの?

入門編 今話題のVALUて何だ? その6 普通の人がVALU公開して儲かるの?

【注意事項】

当記事はVALUの取引きを勧める記事ではありませんし、VALUによるいかなる損失についても当方は責任を負いません。

また、建前論かもしれませんが、VALUは頑張っている人を応援する仕組みで、投資とか投機対象ではありませんのでご留意ください。

リンクはこちらから:VALU公式サイトへ

リンクはこちらから:入門編 今話題のVALUて何だ? その1 概要

リンクはこちらから:入門編 今話題のVALUて何だ? その2 VALUは安全なのか

リンクはこちらから:入門編 今話題のVALUて何だ? その3 VALUと株は同じなの

リンクはこちらから:入門編 今話題のVALUて何だ? その4 VA価格と時価総額の本当の意味は?

リンクはこちらから:入門編 今話題のVALUて何だ? その5 マネーゲームの核心 お金持ち VS 庶民

リンクはこちらから:入門編 今話題のVALUて何だ? その7 相手の見えないマネーゲームの恐ろしさ

リンクはこちらから:入門編 今話題のVALUて何だ? 最終回 市場操縦できるのか

まとめ

前回、お金持ちのVALUトップランカーは大きな利権を得たと書きましたが、今回は一般の人がVALUを公開してもお金儲けができるかということを考えています。当記事の一般の人とは、個人の力で他人に影響を与えていない人のことです。(つまり私のこと)

結論は、VALUは既に何かの分野で成功した人だけが、お金を稼ぐことができます。他人に感動を与えることのできない人が参加しても、何も起きません。VALUで簡単にお金を稼ごうとする前に、実社会で人に影響を与えるできる人になりましょう。VALUのしくみは、将来の期待ではなく、これまでの実績に応じてお金が集まります。

VALUトップランカーの条件 お金を稼げる人

現時点のVALU時価総額のトップ10から見ていきましょう。

本題から外れますが、VALU記事1回目の7月19日と比べると以下のような変化があります。すざましい勢いのスーパーバブルが続いており、既にマーケットが壊れているようにも思われます。また、前回から比べると何となく怪しげな人が多くなっているように思います。怪しげな人は、例外なく大量のフォローワーを引き連れたツイッター師ですので、昨日の買い煽りの仮説は外れていないと思います。

項目7月19日7月24日
時価総額トップ51.7億円67.1億円
10億円プレイヤー7人9人
1億円プレイヤー52人72人

リンクはこちらから:VALU時価総額サイトへ

■VALU時価総額 トップテン(2017/7/24現在)VALU

これからが本題ですが、トップランカーはすべて既に見ず知らずに他人に影響を与えている人ばかりです。分野は様々ですが、いずれもその分野で成功を収めた人たちだけです。大雑把ですがTwitterのフォローワー1万人が1億円プレーヤー(実際にお金を手にするのは数%)の目安だと思います。VALUを公開してお金を稼ぐには、既に何らかの活動を行っており、Twitterのフォローワー千人以上いることが最低条件だと思います。悲しいことですが、実生活で人に影響を与えていない人は、せいぜい時価総額で百万円、実際に手にするお金は数万円だと思います。

前回はお金持ちのトップランカーと揶揄するような描写でしたが、実社会の彼らは素晴らしい人達ばかりです。マネーゲームに参加している彼らの姿をそのように表現しただけです。

実際にVALUのトップランカーは子供のころから頭がいいと言われてきた人たちばかりだと思います。そのうえで、目的に向かって普通の人よりもはるかに努力も勉強もする人たちです。また、大きなリスクを取ることもでき、実名、顔出しで活動する覚悟もあり、大胆な実行力もあります。そのうえで厳しい競争に勝ち残ってきたタフな人たちばかりです。だからこそ、成功者と呼ばれ、お金を稼げるようになったのにすぎません。流行に乗って楽してVALUで楽してお金を稼ごうとするよりも、実生活で人に影響を与えられるようになることが先だと思います。どんな分野でもいいので、Twitterであなたの声を聞いてくれるフォローワーを1万人集めれば、VALU以外でもお金を稼ぐことができるようになると思います。

一般の人のVALUリスクについて

VALUは公開者にリスクがないといわれますが、これについて考えていきましょう。確かに金銭面に限ればVALU公開はノーリスクですが、公開前に注意すべきことはあります。

あなたのVALUを買ってくれる人をあなたは選ぶことはできませんし、人から人へと転売も行われます。VALUを買ってくれた人のすべてが純粋な支援で買ってくれれば問題ありませんが、現実には値上がり目的で買っいる人もいます。この人達があなたに期待するのは、あなたへの応援ではなくVA価格の上昇のみです。VAが下がれば彼らの期待を裏切ることになり、彼らは大きく失望します。VALU公開はわずかな現金を得るために、大きな十字架を一生背負うようなことだと思います。もちろん、法的にはVAが下がってもまったく問題ありませんが、VALUはFacebookやTwitterとリンクされており、理不尽な中傷誹謗を受ける可能性があります。また、社会の成功者は精神的にタフですし、中傷誹謗の対処方法を知っていますが、一般の人にとってはつらいことだと思います。また、トップランカーは多額なお金を貰えるため、少しくらいは我慢できますが、一般人は大きなお金を得ることができません。

また、発行されたVALUの売買は永久に続きます。途中でやめたくなっても簡単にはやめられず、あなたが何歳になってもVALUは永遠に残ります。VALUを退会するルールはありますが、かなりのハードランディングで、道義的な大きな問題が残ります。また、あなたの死後もVALUはレガシーして残り、誰かがVALUの売買を続けることになると思います。(実際には死後のルールは決まっていないと思います)若い方は想像できないと思いますが、あなたが70歳、80歳になっても、簡単にはやめることができず、一生VALUと向き合う必要があります。そして、あなたのVALUを金儲け目的で保有している人は、常に値上りを求めます。

まとめですが、残念ながら現時点で社会に大きな影響を与えていない人は、VALUで大きなお金を稼ぐことができません。わずかなお金を楽して稼ごうとして大きな荷物を一生背負うより、本来の自分の力でお金を稼ぐことのほうが重要だと思います。VALUはお金が絡みますし、簡単にやめることもできないため、ソーシャルメディアの様にノリや勢いで始めるものではありません。それでもどうしてもという方は、目的志向で将来の負い目がないクラウドファウンディングをお勧めします。もちろんクラウドファウンディングではたくさんのおはが集まりませんが、その金額がその人の器量であり、第3者から支援を得られる正当な額です。少し厳しいお話になりましたが、私のような痛い中年オヤジにならないように、自分でできることを少しずつ、すぐに初めましょう。

明日は、顔の見えない相手とやる、マネーゲームの危険性を解説します。VALUに限らず、株、FX、ビットコインを初めたい人に読んでもらいたい内容です。マネーゲームはゲームとは違い、怖い世界です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする