バンコクからチェンマイまでのアクセス方法 寝台電車

バンコクからチェンマイまでのアクセス方法 寝台電車

バンコクからチェンマイまでのタイ国有鉄道を利用した、移動方法を紹介します。私の利用した電車はバンコク22:00発、チェンマイ12:10着の2等寝台(エアコン付き)で、値段は821バーツでした。

リンクはこちらから:タイ北部旅行記1 チェンマイ

リンクはこちらから:タイ北部旅行記2 チェンマイ 寺巡り

リンクはこちらから:タイ北部旅行記3 チェンマイ 観光

リンクはこちらから:チェンマイのホテル スリープ ゲストハウス (Sleep Guesthouse)

タイムスケジュール

電車のスケジュールは以下のサイトから調べることができます。Originに出発地、Destinationに目的地を選択して、Checkをクリックします。

リンクはこちらから:タイ鉄道スケジュールサイトへ

バンコク発チェンマイ行きのスケジュールは以下のようになります。Timetableをクリックすると時刻表、Faresをクリックすると運賃表が表示されます。以下にバンコク発チェンマイ行の時刻表(2017/7/3現在)を掲載しておきます。

NumberTypeDepartureArrive
7Special Express08.3019.30
109Rapid13.4504.05
9Special Express18:1007:15
13Special Express19.3508.40
51Express22.0012.10

運賃とシートのタイプは車両編成により異なります。普通の外国人ツーリストであれば、1等寝台か2等寝台の利用がベターだと思います。

1等寝台は上下のベッドで2名の個室になっております。Roomと書かれている費用を払えば、1人で1室を使用することができます。

2等寝台はエアコンありとエアコンなしがありますので、必ずエアコン付きを選びましょう。個室ではありませんが、カーテンで区切られていますので、1人での利用でしたら2等寝台のエアコン付きがリーズナブルな選択だと思います。

ベッドは上段と下段がありますが、下段のベッドを選択することを強くお勧めします。上段ベッドは天井までのスペースが狭いのと、窓がないため圧迫感を感じます。

下記に例としてバンコク19:35発の料金表(2017/7/3現在)を掲載しておきます。この電車の2等寝台車はJR西日本の引退車両を使用していますので、鉄道マニアの方にはお勧めです。

クラス上段下段ルーム
First Class Day & Night Coach1等寝台125314531953
Second Class Day & Night Coach2等寝台791881

チケット購入・予約

私はバンコクに行く所要がありましたので、直接駅の窓口で購入しました。目的地、日付、時刻、クラスを順番に伝えれば、モニターで確認しながらチケットを購入することができます。外国人の場合はパスポート番号の提示が必要になりますので、事前に提示できるようにしておきましょう。

一時中断されていましたが、現在は以下のサイトからオンライン予約もできるようです。予約の前に会員登録をする必要があるみたいですが、流れに沿って進めばオンライン予約ができると思います。オンライン予約の場合は数十バーツの手数料が必要なようです。

私は2週間くらい前にチケットを購入しましたが、目的の電車は既に満席でした。オフシーズンでもチェンマイ行きの電車は人気がありますので早めの予約をお勧めします。

リンクはこちらから:タイ鉄道予約サイトへ

■電車チケット 名前、パスポート番号が記載され、右下に自分のサイン済み

バンコク駅(フワランポーン駅 /Hua Lamphong Station)

バンコク駅にはいろいろと呼び方があり、フワランポーン駅とかクルンテープ駅などと呼ばれることがありますが、英語表記はBangkokなので私はバンコク駅と呼んでいます。バンコク駅にはバンコク市内からMRT(地下鉄)で簡単に行くことができます。MRT終点のフワランポーン駅 (Hua Lamphong)で降りて、2番出口に向かって地下道を進めばバンコク駅に到着します。ASOKから15分位の距離だと思います。出口を出て正面がプラットフォーム、右手がチケットブースと待合室になります。

■2番出口に向かって地下道を進めばバンコク駅に直結

■バンコク駅の看板 タイ語がクルンテープ、英語がバンコクの表示だそうです

■地下鉄の出口を出て、右手がバンコク駅のコンコース

■チケットブース 当日券と前売り(Advance)の窓口に分かれています

■出発スケジュール 遅延状況が分かります(このボードは遅延なし)

電車の乗り方

バンコク駅には改札はありませんので、誰でも自由にプラットフォームに入ったり、電車に乗ることができます。電車の番号と行き先を確認して、自分の予約した車両と座席に座るようにしましょう。電車の横に駅員がおりましたので、チケットを見せてから電車に乗り込みました。電車が発車してしばらくすると車両内でチケットの確認がありますが、間違った電車に乗ると大変な目に合いますので十分に注意しましょう。

■バンコク駅構内

■出発のプラットフォーム 乗り間違いのないように

■チェンマイ駅の電車 手前2車両がエアコン付きの寝台電車 他はエアコンなしの更に古い車両

■今回の旅程(参考) グーグルマップの電車検索は非対応

■電車スケジュール 全部で24駅停車

電車道中

2等寝台の電車は対面2人掛けのボックスタイプのシートで、夜間はベッドに変更できます。今回は22時発でしたので、初めからベッドメークされた状態でした。普通は夕食後に車掌に頼めば、ベッドに変更してもらえます。電車はかなり寒い場合がありますので、長袖を持っていくことをお勧めします。今回は適切な温度でしたが、以前にダウンジャケット着て、震えながら朝を迎えたことがあります。

客層はタイ人と外国人旅行客でほぼ半分程度の割合でした。バンコク駅でほぼ満席でアユタヤで外国人が乗り込んできて満席になりました。途中の駅で若干の降車があり、チェンマイに到着したときには、7割くらいの旅客だったと思います。

上段のベッドは窓がないため、下段のベッドを予約することを強くお勧めします。今回乗った列車のベッドはスリムなタイプでしたが、以前乗った時はかなりワイドで、車両により差があるようです。

ベッドの大きさは身長177cmの私がギリギリまっすぐになれるサイズです。少し窮屈ですが、体を伸ばして自分の空間を確保できることは大きなメリットです。荷物は通路に置けますが、私は寝台の中に持込みました。ボストンバッグを枕の下に置いて、デイバッグをハンガーに掛けて上手く収納できました。電車は程よく揺れて、何回か起きてしまいますが、朝までよく寝れることができました。

電車内は有料で夕食、朝食のサービスや、食堂車(エアコンなし)もあります。質の割に値段が高いとの評判ですので、私はパン、お菓子、水をバンコク駅で買って持込みました。鉄道の規則では飲酒は禁止されていますので注意しましょう。車両にトイレはありますが、便器からレールが見える、垂れ流しのトイレです。

翌朝、車掌に頼めばベッドを座席に戻してくれますが、黙っているとチェンマイ到着の1時間くらい前に座席に強制的に戻されます。今回は約30分遅れで無事にチェンマイに着きました。

参考までですが、以前にバンコクからマレーシアのペナン島に電車で向かった時は8時間くらい遅延したことがあります。出発の時点で既に2時間遅れで、走行中に遅延はどんどん大きくなり、マレーシアのボーダーで電車はストップし、バスに振り返られました。この国境を通過する寝台電車も今ではタイの国境止まりで、いい思い出になっています。

■シートを起こした状態 1対1の対面シート

■寝台下段 今回の寝台車両は幅が狭かったです

■寝台上段 上段は窓無しのカプセルルームです

■通路 通路に荷物置き場あり

■寝台の様子 デイバッグをハンガーに吊るして上手く収納

■車窓からの風景

■停車駅の様子

チェンマイ駅

チェンマイ駅は終着駅のため、乗り過ごす心配はありません。途中下車する場合はアナウンスが分かりにくいので、グーグルマップやタイマーを利用することをお勧めします。車掌が伝えてくれることになっておりますが、確実な保障はありません。

チェンマイ駅は小さな駅ですので迷うことはありません。プラットフォームに降りて、電車の進行方向に進めば駅の出口で、改札などはありません。チェンマイは観光地化しており、駅の入口でタクシーなどが客待ちをしております。駅の外でソンテウに乗れるみたいですが、見当たらなかったので100バーツで白タクに乗ってしまいました。30年前くらいのエアコン無しのカリーナで、道もよく知らない年配の運転手でしたので、Uberなどでタクシーを呼んだほうがいいかもしれません。

■チェンマイ駅プラットフォーム

■チェンマイ駅 お疲れ様でした

以上、バンコクからチェンマイまでの、鉄道でのアクセス方法でした。時間のある方は、寝台電車の旅も情緒があり楽しいかと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする