リタイアメントビザの取得まであと一歩

本日は申請済みのリタイアメントビザの受領日でしたので、イミグレーションオフィスに行ってきました。その時の様子をお伝えします。

リタイアメントビザの取得まであと一歩

これまでの経緯

これまで紆余曲折を経て、パタヤでリタイアメントビザの申請が受理されました。これまでの奮闘記は詳しく記事にしておりますので、ご興味のある方は併せて下記のリンクを御覧ください。

リンクはこちらから:実録:自力で取るリタイアメントビザ パタヤ1

リンクはこちらから:実録:自力で取るリタイアメントビザ パタヤ2

リンクはこちらから:実録:自力で取るリタイアメントビザ パタヤ最終回

4月24日にリタイアメントビザの申請が受理されたのですが、ビザの受領日は5月22日を指定されていました。5月22日はタイの滞在期限の最終日になります。受領書にはRESULTと書いてありますので、必ずリタイアメントビザが発給されるわけではなく、審査結果の通知を受ける日と理解しておりました。滞在期限の最終日ですので、何らかの理由でリタイアメントビザの発給を拒否されたら、翌日にオーバーステイになります。私は既にビザの30日延長を行っていますので、タイ国内でこれ以上ビザ延長を行う手段がありません。審査は何事もなく通るものと信じつつ、長い1ヶ月間を気をもみながら過ごしていました。実際のところ、もし滞在期限の最終日に発給を拒否されたら、「どうしてくれるのだ」ということになります。

本日の結果

本日はリタイアメントビザの受領日ですのでイミグレーションオフィスに出頭してきました。結果ですが、審査は無事に通ったようですが、リタイアメントビザの正式発給は明日になるようです。本日こそはビザ入手と思っていましたが、またしても肩透かしをくらってしまいまいた。ここまでくれば問題なくビザが発給されると思いますが、何が起こるのか分からないのが海外ですので一応警戒はしております。また、本日が滞在期限の最終日ですので、ビザ発給を拒否されたら夜12時の時点でオーバーステイになります。滞在期限最終日のビザ受取りについては、精神的に良くないため改善を望みたいところです。

本日は午前中にジョムティエンビーチのイミグレーションオフィスに行ってきました。10時過ぎに着いたのですが、オフシーズンらしくピーク時のような混雑はありませんでした。リタイアメントビザの手続きは左奥の7番の部屋で行い、整理券なしで直接部屋に行けば受け付けてもらえます。申請者が少ないせいか、たいていは待ち時間なしで応対してもらえます。

リタイアメントビザの受領に必要な書類は以下になります。たくさんありますが、前回の申請時に、パスポートに2から4の書類をホッチキス止めされていますので、パスポートだけを持っていけば問題ありません。

1.パスポートの原本
2.受領書
3.出国カード
4.領収書
5.外国人の居留届

7番の部屋に入りリタイアメントビザの受領に来たと伝えると、椅子に座るように促されました。リタイアメントビザの申請時は奥の机に座っている上級階級の女性審査官でしたが、今回は手前左側の事務員らしき人の応対です。私の前回申請した書類を棚から探し出し、私のパスポートと簡単な照合を行っていました。その後はホッチキス止めされた受領書をパスポートから取り外し、3桁の受付Noを記入して受領書を返却され、「トゥモロウ」と告げられました。パスポートをイミグレーションオフィスに1日預けて、明日パスポートとビザを取りに来いということのようです。この日の手続きは以上で終了で、手続きに要した時間は1分間くらいでした。非効率的なところをなんとかしてほしいところですが、お上には逆らえませんので黙って従うしかありません。

■返却された受領書 パスポートから外し、797の整理番号を追記され返却

長い道のりでしたが、ここまで来たら無事にリタイアメントビザが発給されるものと思われますので、明日は皆様にいい報告をしたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. あ!今日ニアミスでしたね。私は午後に嫁と行きました。
    私も来月パタヤで3回目の更新(それ以前はバンコクに住んでいました。)なので、前回と必要書類が変わっていないか確認に行きました。同じOビザ更新ですが私の場合家族ビザですが・・・

    午後は混みこみでした。
    7番窓口のいつも右側に座っている、確認サインをする2本線(二等巡査)は居ませんでしたのできっと急に休んだんだと思います。
    明日は間違いなく1年貰えると思いますよ!私のタイ在住十数年の経験上、1900Bをトーモー側(イミグレ側)が受け取ったなら確定です。

    シンガポール旅行やパタヤ呑み屋でのお金の使い方(読ませていただきました。)を見ていると、業者でお金を使っても余裕な経済状況だと思いますが、あえて自分でトライしてタイを知るということをされているところが流石だと思いました。
    シェパードさんは、中国で公安などに可也鍛えられてこられて来たのだと思います。

    それでは以上、度々コメント失礼m(__)m

    • Shepard より:

      マッスルランナー様
      毎度、コメント頂きありがとうございます。

      タイ在住の大先輩から深いお言葉をいただき励みになります。
      1,900バーツを受けったら確定は重い言葉で大いに勇気づけられます。

      現在は企業駐在員でなく、自分の意思でパタヤに来ましたので、ビザくらいは自分で取ろうと思っていました。
      海外に住んでいるとトラブル解決能力は必須ですので、自分ででやれることは自分でやってみました。
      個人的にはこのくらいのことが自力で解決する能力がないと、パタヤで生活していても楽しくないのかと思っています。

      ブログ(ヨタ記事)も、お読みいただきありがとうございます。
      普段はソイブッカオで質素に生活していますがたまに羽目を外してしまいます。
      お金は必要なところにかけて、そうでない所はなるべく節約するようにしています。

      ではいまからイミグレーションオフィスに行ってきます。