マレーシア・クアラルンプールの電車の乗り方

本日はマレーシアのクアラルンプールの電車の乗り方を紹介します。

マレーシア・クアラルンプールの電車の乗り方

マレーシアのクアラルンプールは広範囲に公共交通機関が発達しています。電車を利用すればクアラルンプール市内の殆どの場所に行けます。

路線

2017年5月時点の路線は以下のようになります。路線は複雑で毎年のように拡張されています。複数の鉄道会社が運行しており、それぞれ切符は異なりますのでご注意ください。単路線の場合は問題になりませんが、乗り換える場合はそれぞれの切符が必要になります。

基本的には分かりやすく表示されていますので、日本で地下鉄に乗れる方でしたら、戸惑うことはないと思います。

クアラルンプールにはTouch’n GoとMypapidの2種類の交通系の電子カードが使えます。Touch’n Goのほうが対応する路線が多いので、購入するのであればTouch’n Goをお勧めします。私は購入していませんので、詳細の説明は割愛します。

クアラルンプール国際空港(LKIAとKLIA2)に行くには、KLIA Express Lineに乗ればKLセントラルからノンストップで行けます。値段は少し高めの55リンギットで、約30分の旅程です。毎時3本から4本運行していたと思います。また、一部の航空会社はKLセントラル駅で飛行機のチェックインができます。

No運行会社路線Touch’nGo
Card
Myrapid
Card
1KTMSeremban Line
2KTMPort Klang Line
3LRTAmpamng Line
4LRTSri Petaling Line
5LRTKelana Jaya Line
6ERSKLIA Express Line
7ERSKLIA Transit Line
8MonorailKL Monorail Line
9MRTSungai Buloh Kajang Line
10KTMTerminal Eeminal Skypark Line
11BRTSunway Line

路線図

2017年5月時点の路線図を下記に掲載しておきます。乗車前に路線名と降車駅を確認すればいいと思います。

徒歩マークの付いた乗換駅は少し距離がある場合があります。昼間の炎天下や雨天の移動は苦行ですので注意しましょう。

pdfの路線図はこちらから:KL_Transit_Map(20170504)

KLセントラルの各電車乗り場

KLセントラル駅の各電車の乗り場を簡単に紹介しております。KLセントラルは大きな駅ですが分かりやすく表示されていますので迷うことは無いと思います。

1.KTMコミューター コンコースの中央部

2.LRT コンコースの中央部

3.KLIAエクスプレス(空港行き直行便) コンコースの裏側(看板あり)

4.KLIAトランジット(空港行き各駅停車) コンコースの中央部

5.KLモノレール KLセントラルからは別のショッピングモール内部を通って直結

チケットの買い方

チケットは窓口で買う路線と自動券売機で買う路線があります。窓口の場合は行き先と枚数を告げるだけです。

今回は自動券売機でのチケットを購入する手順を紹介します。

1.自動券売機は各路線共通の仕様です。

2.初期画面はマレー語のため、「English」のボタンを押して英語に切り替えます。マレー語で進んでも、問題ないと思います。

3.英語の画面に切り替わったら、路線を選びます。路線名と降車駅は事前に確認しておきましょう。画面に現れない路線は窓口でチケットを購入します。

4.画面が切り替わったら、行き先を選びます。「A⇒Z」でアルファベット順に切り替わりますが、初期画面のほうが間違えは少ないと思います。

QUANTITYが発券枚数ですので、複数枚購入する場合は「+」ボタンで加算します。目的と購入枚数を確認したら、「CASH」を押して支払画面に進みます。

路線名、目的地、数量、金額を確認し、間違いがなければ支払いをします。AMOUNT DUEが必要金額で、紙幣かコインを入れれば金額が減っていきます。AMOUNT DUEがゼロになるとトークンと呼ばれる、樹脂のコイン状の切符がでてきます。お釣りがあればトークンと一緒に払い戻されます。お釣りの状況によって使用できない紙幣がありますので注意しましょう。下記の画面では赤バツ印の10リンギット以上の紙幣は使用できません。

電車への乗り方

電車乗り方は日本と同様で、自動改札を通り電車に乗るだけです。トークンを自動改札機の探知場所の上にかざせば、ゲートが開きます。路線を確認し、違う改札を通らないように注意しましょう。

その後はプラットフォームに電車が来たら乗り、降車駅で降り自動改札機にトークン回収口にトークンを入れれば完了です。

本日はクアラルンプールの電車の紹介でした。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする