パタヤソンクラーンレポート2 開戦しました

パタヤでは昨日から本格的にソンクラーンのウォーターファイトが開戦しました。私は昼の偵察で早くも撃沈しましたが、気を取り直して水鉄砲で武装し再度参戦しました。

パタヤソンクラーンレポート2 開戦しました

ソンクラーンのウォーターファイトは昨日が始めての経験になります。私は海パンに大型水鉄砲で武装して参加してきました。戦闘が忙しく、写真、ビデオが撮れませんでしたので、お詫び申しあげます。

リンクはこちらから:ソンクラーンに向けて、ウェアブルカメラを準備しました

リンクはこちらから:パタヤソンクラーンレポート1 開戦速報

ウォーターファイトに参加して分かったこと

開戦時間

昼頃から開戦して、夜は意外と速く9時頃には終わっているようでした。水道水だけでは水の供給が追いつかず、弾(水)切れにもなっているようでした。昨日は6時頃から出かけたのですが、既に戦いの佳境を迎えていました。

午前中は今のところ休戦しているようですので、用事は午前中に済ませたほうがいいと思います。私は午前中にスポーツジムに行くようにシフトしています。

戦い方

一般的な戦い方は移動しながら店で待ち受けている敵を攻撃するか、店からターゲットを待ち伏せするパターンになると思います。

移動しながら戦うのはいろいろな雰囲気が味わえて楽しいのですが、待ち伏せ側との水力が違いすぎて太刀打ちできません。最初攻撃をやり過ごしてから敵の水補給のタイミングで、反撃するのが効果的でした。水鉄砲の水がすぐに無くなりますので、補給ポイントを確保するのがポイントです。

店から待ち伏せ攻撃するには、ビールなどを注文すれば下級戦闘員として参加することができます。店員、外国人と一緒に楽しく戦うことができます。水のストックが多量にあり、味方もおりますので圧倒的に優勢です。

武器

水攻撃の主力武器は水鉄砲、バケツ、ホースです。

水鉄砲はスーパー、露天などで売られており、購入するのであれば可能な限り大型のものを買ったほうがいいと思います。威力もありますし、タンクの容量も大きくなります。威力はなかなか強力で戦闘力はありますが、給水が必要なのが欠点です。ポンピングも頻繁にやりますので、意外に腕が疲れます。

また、大きな注射器の仕組みで水を飛ばす水鉄砲が強力でした。昔子供の頃に竹で作った水鉄砲の仕組みで、塩ビの水道管で作られております。水圧はもっとも強力で、当たると痛いくらいです。タンクがありませんので、水のストックがあるところから迎え撃つに最適です。

バケツは15cmくらいの小さなものが主流です。バケツでダイレクトに水を掛けるだけですが、水量が多いため直撃すると被害は寛大です。特に氷水とのコンビネーションは強力です。

ホースから直接水を掛けるのも主力武器です。水を補給する必要が無いのが大きなメリットです。もっともバービア嬢が独占しており、我々のような下級戦闘員には使わせてもらえません。

その他のバリエーションとしては氷水攻撃があります。パタヤは暑いので水を掛けられても冷たさは感じませんが、バケツの氷水攻撃は心臓が止まりそうになります。桶の中を除くと30cm角くらいのブロックアイスが仕込まれています。

他にはチョークを水で溶いた白い液体を顔に塗る習慣もあります。水で簡単に洗い落とせますので、無抵抗で塗らせてあげましょう。但し、口に入ると大変まずいので注意しましょう。また、水も汚いので口に入れないように注意したほうが無難です。

水鉄砲はあちこちの露天で売っています

水をバケツに貯めて戦闘準備完了です

中にはこのようなところもあります

ソイブッカオ

昨日は6時頃から出かけたのですが、ソイブッカオは部分的なウォーターファイトが始まっていました。部分的ですが、やっているところは派手にやっていますので、無事ではすみません。アパート近くは顔見知りに総攻撃されますので、ソイブッカオに着く頃には既にびしょ濡れでした。

夜の9時頃に再びソイブッカオに戻ってきたのですが、平時を取り戻しつつありました。昨日は、昼過ぎから始まり9時頃には終わっているようでした。

ソイ7,8

ソイブッカオから、ソイ7、8のバービア群へ向かいました。こちらは、パタヤでも屈指の激戦地域でソイ全体が戦場となっていました。ソイ7、8を通り抜けようとすれば、非武装を装っていても無事ではすみません。バイクで通行しても停車した時に、両サイドから猛攻撃されます。車とバイクもソイを通り渋滞しており、酔っぱらい運転もおりますので安全には注意をした方がいいと思います。私もバービアに潜り込み2時間位戦闘に参加してきました。

昨日は初めての経験でしたが、要領もわかりましたので、今後はもう少し余裕をもって参戦します。6時頃にすでに佳境を迎えていましたので、本日は昨日より早い時間から参加してみるつもりですので、レポートをご期待下さい。本日は精力的に写真を撮るように頑張ってみます。日本に居る方も弾丸ツアーで間に合うと思いますので、有志の参加をお待ちしております。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする