パタヤソンクラーンレポート1 開戦速報

本日1時頃、昼食を兼ねてパトロールを行ったところ、一部でソンクラーンが開戦されていましたのでレポートします。

パタヤソンクラーンレポート1

本日のパトロールコースはソイブッカオからセントラルフェスティバルで昼食をとり、その後ビーチロードに抜けてソイ8を抜けて帰ってきました。結果はあえなく、完全敗北でした。

ソイブッカオ

まだ1-2割の参加で本格的な水掛け祭りになっていませんが、昨日とは様子が違い水が飛んで来るところが多くなっています。民家の子供からの攻撃は可愛いのもですが、バービアの大型水鉄砲、バケツ、ホース攻撃は強力です。私は写真を取って余裕をかましている時に、後ろからバケツ攻撃の直撃にあい、この時点で撃沈しました。

ソイ7、8

食事の後は、セントラルフェスティバルの中をビーチロードに抜けて、危険地帯のソイ7、8に偵察に行きました。すでにビーチロードは通行止めで車が走っていません。ビーチロード沿いの数件のバーは既に本格的に開戦していました。外国人居住者や観光客も多く水鉄砲をもって、集まっていました。ビーチロードの海側は比較的安全が保れていましたが、ソイ側はすでに危険でした。私は、無謀にもソイ8を通って、アパートに帰ったのですが、逃げ切ることはできず完全敗北しました。

分かったことは非武装で手を挙げても、手加減してくれません。また、バケツ攻撃は直撃すると被害が寛大で、ホース、大型水鉄砲も威力はなかなか強力です。全員ビショヌレで勝者はいませんので、濡れても困らないようにして参戦することが本日の学習内容でした。これが、一週間も続くのはなんとかしてもらいたいののですが、すでに逃げる場所はありません。

装備立て直し

アパートに帰ってから本日の反省をもとに、ビッグCまで大型の水鉄砲を買いに行きました。水鉄砲は全長68cmの大型のもので、約700バーツでした。アパートの窓から試してみた所、10m近く飛びましたのでそこそこの戦闘力はあるのかと思います。

服装はすぐにパンツまでビショビショになりますので、海パンと速乾性のTシャツとサンダルで参戦することにします。携帯はジッパーバックのビニール袋では不安ですので、日本から持ってきた防水バックに変えました。財布はアパートに残し、現金だけをジッパーロックのビニール袋に入れて持ち歩きます。時計はもちろん安物の時計に付け替えます。今回の試みとしては防水ハウジングの付いた、ウェアブルカメラを動画撮影用に持ち込もうと思います。iPhoneの撮影は水没しそうで危険ですので断念します。

毎度バカバカしいことをやっていると思いますが、バカバカしいからこそ真剣にやることが重要だと思います。では、今から参戦してまいりますので、乞うご期待ください。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする