タイ外貨の送金証明書のもらい方 苦労しました

リタイアメントビザを取得の際に必要になる、タイでの外貨の送金証明書のもらい方をご紹介します。普通は簡単に入手できるのですが、私の場合はコミュニケーションの問題などで、大変苦労しました。残高証明書のもらいかたについても、ポイントを記載しておきました。失敗談は奮闘記として、お読みいたけたら幸いです。

タイ外貨の送金証明書のもらい方

初めに

タイでリタイアメントビザ所得する際には、80万バーツ以上の銀行預金と預金に対する外貨の送金証明書か外貨の持ち込み証明書が必要になります。これらの証明書はタイ国内で不法な手段で入手したお金では無いことを証明する措置だと思います。

パタヤでは従来はこれらの証明書を求められなかったようですが、現在は厳格化されています。現金をハンドキャリーした時の外貨の持ち込み証明書のもらい方は下記のリンクをご参照ください。

リンクはこちらから:タイに現金をハンドキャリーして、外貨持込み証明書のもらい方

外貨の送金証明書とは

冒頭にも記載しましたが、私の場合は外貨の送金証明書の入手に大変苦労をしました。銀行員とのコミュニケーションの問題で、外貨の送金証明書をなかなか理解してもらえませんでした。Certificate(証明証)のワードが入ると、銀行員は残高証明書と誤って理解することが多くありました。反対に残高証明書はBank Certificateと伝えれば、簡単に理解してもらえます。また、事前に英語サイトも含めてかなり調べたのですが、最後まで外貨の送金証明書の写真を見つけることができず、具体的にどんな書類か分からなかったのも原因です。

ネットで見つけたのですが、英語とタイ語では以下のように表記するようです。私も実際に以下の表記をスマホに表示させて銀行員に見せました。

英語だと、Bank Transfer Certificate from abroad
タイ語だと、ใบรับรองการรับเงินโอนต่างประเทศ
「Sabaijai Consulting Co.,Ltd様のWEBより引用」

私の入手した外貨の送金証明書の写真を貼り付けておりますので、伝わらない場合には写真をスマホに保存して銀行員に見せれば上手くいくと思います。タイトルはAdvice for customer – Inward Transferと書かれております。サイアムコマーショルバンクのものですが、他の銀行でも大差はないと思います。私の場合は40万バーツ分しか送金していませんのでご注意ください。

銀行からの外貨送金のやりかたは、三井住友銀行の例ですが下記を参考にしてください。

リンクはこちらから:日本からタイへの外貨送金のやり方 送金手続き編

リンクはこちらから:日本からタイへの外貨送金のやり方 送金手順と手数料徹底比較編

1回目 パタヤ 失敗

1回目は外貨送金の着金の確認に銀行通帳を持って、パタヤの銀行(サイアムコマーシャルバンク)に行きました。外貨送金は無事に届いていたのですが、外貨の送金証明書はパスポートを持ってきておらず拒否さました。証明書の発行はタイの免許証では認められず、パスポートが必要になるようです。

2回目 パタヤ 失敗

2回目はパスポートをもって再びパタヤの銀行に行きました。ここでも外貨の送金証明書の意味が伝わらず苦労しました。銀行員もよく理解していないようで、他の銀行員に聞いたり、ネットで調べたりの対応になりました。結果は外貨の送金証明書は銀行口座の開設支店でないと発行できないとのことで、バンコクに行く必要ができました。

3回目 バンコク 失敗

3回目はバンコクの銀行まで送金証明書をもらいに行きました。3回目は、最後まで銀行員に意図が伝わらず、誤って残高証明書を発行されてしまいました。私はさんざん違うと言ったのですが、これで間違いないと銀行員に主張され、閉店時間ということもあり失敗に終わりました。残高証明書は過去に取得したことがあるのですが、タイ語のため何の証明書か分からず、違うと思いながらも100%の自信をもって拒否できませんでした。送金証明書の写真を見たことがなかったのが失敗の原因だと思います。支店長らしき人にも本当にこの書類で大丈夫かと言ったのですが、自分は英語が分からないと交わされました。バンコクまでわざわざ出かけ、銀行では待ち時間と合わせ2時間も掛かり、成果のない虚しい1日でした。

4回目 バンコク 成功

日付をおいて、4回目のチャレンジです。3回目までは私の英語力でも、要件は伝わると楽観視していたこともありますので、グーグル先生に聞いて予習を行いました。しかし、外貨の送金証明書をの記事はたくさん見つけることができたのですが、具体的なタイトル(帳票名)と現物の写真は最後まで見つけることができませんでした。一番有用だったのは、Sabaijai Consulting Co.,Ltd様のWEBに掲載されていた、英語とタイ語の表現でスマホに表示させて銀行に行きました。

英語だと、Bank Transfer Certificate from abroad
タイ語だと、ใบรับรองการรับเงินโอนต่างประเทศ

銀行に入ると整理番号の発券機の横で、上級職らしい男性の銀行員に要件を聞かれ、証明書をもらいに来た伝えました。結局、上級職らしい銀行員が対応してくれることになり、少し期待が持てました。

カウンターに移り、本日は残高証明書と外貨の送金証明書の二種類の証明書をもらいたいと伝えました。

残高証明書は古いものを持っていますので、現物を見せて内容のアップデートを依頼すれば簡単です。残高証明書は3ヶ月分の取引記録を記載してもらうように指定しました。取引明細は前日までの記録が記載されますので、当日は預金額を変動させないほうがいいと思います。発行手数料は少し高く300バーツです。残高証明書はレターのテンプレートがなく、タイ語の文書を非効率的に毎回手入力していますので時間が掛かります。手入力のため、名前、口座番号、預金残高は確認したほうがいいと思います。イミグレーションオフィスでもしっかり確認していました。こちらも、現物の写真を掲載しておきますので参考にしてください。上がタイ語の残高証明書で、2枚目が取引明細でセットになります。

外貨の送金証明書はまずは自分の言葉で説明しました。通帳を見せて過去に日本からタイに外貨送金したことを伝え、そのトランザクションの証明書を発行してほしいと言いました。今回の銀行員は私の説明でほぼ理解して頂いたと思いますが、念のためスマホの画面を見せて、タイ語を読むように言いました。上級職らしい銀行員は、すんなり理解していただき、あっという間に外貨送金証書を発行してくれました。こちらの発行手数料は無料です。リタイアメントビザの取得は完了していませんが、イミグレーションオフィスの係員はOKと言っていましたのでこの書類で問題ないはずです。

外貨の送金証明書をもらうのは、本来であれば外貨送金の事実さえあれば、簡単に発行してもらえます。但し、あまり発行されない書類のようで、銀行員によっては証明書の存在を理解していない人がいるようでした。また、証明書の正確な名称と現物の写真を見たことがなかったのが失敗の原因だと思います。皆様は周到に準備をして、私みたいにならないようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする