肝炎の予防接種をスネークファームで受けてきました 2回目

初めにお断りしておきますが、私は医療関係者ではなく、バンコクで予防接種の受け方を紹介するだけで予防接種を勧める記事ではありません。予防接種には少なからず副作用がありますので、必ずご自身でご判断をお願いします。

肝炎の予防接種をスネークファームで受けてきました

これまでの経緯

バンコクのスネークファームという、ツーリスト向けの医療センターで各種の予防接種を受けることができます。予防接種は日本では健康保険の対象外になりますので、費用は日本で予防接種を受ける場合にくらべ、半分以下で受けることができます。また、予防接種の種類によっては複数回の接種が必要になりますので、日本の滞在時間の限られている人にも利用価値はあるのかと思います。予防接種には少なからずリスクもありますので、必ずご自身でご判断ください。

今回はB型肝炎の1回目の予防接種を受けました。前回は日本脳炎の予防接種と肝炎の抗体検査をしてもらいました。今回は抗体検査の結果を聞いて、B型肝炎の予防接種を打ってもらいました。

リンクはこちらから:バンコクのスネークファームで予防接種の受け方

予防接種の手順

基本的な手順は前回と同じですので詳細は前回の記事を御覧ください。

リンクはこちらから:バンコクのスネークファームで予防接種の受け方

受付

スネークファームの建物に入り、廊下を左に曲がり、すぐ右手の1番の部屋が受付になります。前回作ってもらった診察券を提出するとカルテを出してもらえます。

血圧・体温測定

カルテをもらったあとは、受付の部屋から内部でつながった2番の部屋に行きます。カルテを出し、血圧と体温を図ってもらいます。血圧計は自動計測のタイプ、体温計は非接触のタイプを使用していますので、すぐに終了します。

ドクター問診

血圧・体温測定が終わると部屋を出て、廊下の反対側の3番の部屋に入ります。部屋の中には手前から看護婦さんの受付、ドクターの問診室、予防接種を打ってもらう治療室があります。

中に入ると看護婦さんに診察室でドクターの問診を受けるように促されます。ドクターにカルテを出して、肝炎の抗体検査の結果を聞きに来たと伝えました。ドクターはカルテを見ながら抗体検査の結果を受付でもらってくるように言われましたの、受付に戻って抗体検査の結果をもらい、再びドクタールームに戻りました。

抗体検査は封筒に糊付けされて入っており、ドクターが開けて説明してくれました。結果はA型肝炎が抗体あり、B型肝炎が抗体なしでしたので、B型肝炎の予防接種のみを受けることになりました。私は2005年にA型・B型肝炎の予防接種を受けておりますので、抗体が残っているようでした。肝炎の抗体は10年以上有効と言われており、抗体があれば予防接種は不要とドクターは言っていました。肝炎の予防接種は3回必要で、2回目は30日後、3回目は更に180日後に予防接種を受けることになります。

抗体検査の見方はPositiveが抗体があり、Negativeが抗体なしです。インフルエンザなどの保菌の検査では、Positive(キャリア、陽性)が保菌者になりますのでご注意ください。ドクターとは前回もお会いしておりますが、フレンドリーで分かりやすい英語で接してくれます。ドクターは予防接種の注射のことをドーズ(Dose)と言う単語で説明していました。

問診が終わるとカルテと処方箋を書いてくれます。処方箋は間違いがないか確認しながら書いてくれました。

受付の看護婦さんに処方箋を見せると、B型肝炎の日本語のリーフレットをくれ、薬局にワクチンを買いに行くように言われました。

ワクチン購入

処方箋をもって、部屋を出て建物入り口右側の薬局でワクチンを購入します。処方箋を窓口に提出しお金を支払うと、ワクチンを売ってもらえます。

ワクチンが350バーツ、ドクター&ナーシングフィーが50バーツで全部で400バーツでした。A型・B型混合の肝炎のワクチンが1,150バーツだったと思いますので、少し節約ができました。

ワクチン接種

ワクチンをもらったら、再び4番の部屋に戻り、治療室でワクチンの注射をしてもらいます。腕の上部に針の細い注射をしてもらい完了です。投薬後も特に副作用らしきことはありませんでした。

ワクチン接種が終わると受付の看護婦さんにカルテを渡します。ワクチン手帳に予防接種記録と次回の予防接種スケジュールを書いてもらい完了です。次回接種は30日以降であれば、少し遅れても問題ないと言っていました。

今回のスネークファームは空いており待ち時間なしでしたので、15分位ですべて完了しました。ドクターや看護婦さんは英語で親切に対応してくれますが、全く英語の話せない人は避けたほうが懸命だと思います。忘れないように2回目と3回目の予防接種を受けようと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする