バンコクのスネークファームで予防接種の受け方

バンコクの通称スネークファームと呼ばれる所で予防接種を受けてきました。私は医療関係者ではありませんので、予防接種の受け方のみを紹介させていただきます。必要な予防接種の効果や副作用などについては必ずご自身でご確認をお願いします。

バンコクで予防接種の受け方

概要

A型肝炎とB型肝炎の予防接種が打ちたくて、バンコクのスネークファームに行ってきました。スネークファームはトラベルホスピタルで世界中のバックパッカーがお世話になっている医療センターです。

日本で予防接種を受ければいいのですが、費用が高いのと期間が掛かります。予防接種は健康保険適用外のため1本1万円くらいします。スネークファームで予防接種すると3分の1位の費用になると言われています。予防接種の種類によっては期間をおいて複数回打つ必要のあり、摂取に半年以上掛かる場合もあります。

スネークファームの行き方

行き方はいろいろありますが、MRTのサムヤン(Sam Yan)駅から行くのが便利です。2番出口から大通り沿いに徒歩で5分位です。他にもBTSやバスでも行くことができます。

敷地内に入り、ロータリーの真ん中に噴水が有り、その向こうの建物になります。

予防接種を受ける手順

受付

建物に入りすぐ右側にインフォメーションセンターがあります。受付は廊下を左に曲がってすぐの1番の部屋になります。ちなみに予防接種は英語でVaccinationかInoculationで、ワクチンでは通じないと思います。

2枚の申し込み用紙を渡されますので記入して、診察券(?)を作ってもらいましょう。1枚は個人情報、もう1枚は旅行スタイルを記入する用紙です。特に難しい項目はなく、住所は単にPattaya、旅行スタイルはStay in Pattayaで問題ありませんでした。1枚は裏面にこれまでに受けた予防接種履歴を書く欄があります。母子手帳などを見て書けばいいのですが、分からなければ無記入でもいいのかと思います。

申込用紙を受付に渡すと5分位で診察券と各種書類を作ってくれました。手数料20バーツをその場で支払い、中で繋がっている隣の2番の部屋に行くようにいわれます。

体温と血圧測定

2番の部屋では血圧と体温測定です。血圧は自動測定、体温計も非接触のタイプですのでに簡単に終わります。次は部屋を出て、すぐ正面の4番の部屋に行くように言われます。

問診

4番の部屋に入ると、看護婦さんが受付をしており、最初の受付で作ってくれた書類を渡します。しばらくすると、問診室に呼ばれドクターの問診になります。ドクターと相談して予防接種をする種類を決めます。

年配のタイ人ドクターですが流暢な英語を話し、非常にフレンドリーに接してくれます。トラベルスタイルや今後訪問予定の国などを聞かれ、予防接種の種類を決めていきます。ドクターによると東南アジア内は比較的安全だが、他の地域にはあまり行かないほうがいいと行っていました。黙っているとドクターのお勧めになってしまいますので、自分の希望する予防接種を伝えたほうがいいと思います。

私は勧められた日本脳炎と、自分の希望するA型とB型肝炎の予防接種を打つことにしました。日本脳炎は1回の接種で5年間有効です。肝炎については私は以前に予防接種を受けたことがあるため、抗体検査を受けたあとでないと予防接種を受けられませんでした。この日は日本脳炎の予防接種と血液採取のみを行いました。肝炎の予防接種は2営業日以降に再び訪れて打つことになります。パタヤ在住のため次に来るのは1ヶ月後くらいになるといいましたが、問題ありませんでした。私は辞退しましたが、Eメールで検査結果を知ることもできます。以下の写真がドクターの書いてくれた処方箋(?)と日本脳炎のワクチンの注意説明書です。

全て英語での問診になり、医学用語は言い換えや文脈からの判断も難しいため、知らない単語は最後まで分かりません。事前に英語名を予習していくことを強くお勧めします。ちなみに抗体検査は英語でAntibody testで、Positiveが陽性(抗体有り)、Negativeが陰性(抗体なし)です。他の病気名はブレズクリニックのホームページを参考にしてください。私はスマホに表示させて、病名を確認しながら問診を受けました。ブレズクリニックは日本人医師が常駐しているみたいですので、心配な方はそちらで予防接種を受けてもいいと思います。

リンクはこちらから:ブレズクリニック

薬購入

問診が終わると、薬局にワクチンを買いに行きます。海外の病院は前払いかデポジットを要求されることが多いです。

薬局は5番の窓口で入り口のインフォメーションセンターの隣りにあります。ドクターに書いてもらった処方箋(?)を渡し、お金を支払います。上の写真が抗体検査(血液検査)のキット、下が日本脳炎のワクチンです。

予防摂取の注射

ワクチンを購入後は再び4番の部屋に戻ります。受付の看護婦さんから番号カードをもらい、待合室で待ちます。しばらくすると、治療室に呼ばれ、抗体検査と予防接種を受けます。ここでも看護婦さんはフレンドリーな応対をしていただきました。注射は強い痛みを感じることはありませんでした。

予防接種を受けた30分後くらいに、体が少しふわふわした感じになってしまいましたので、ホテルに戻って休養しました。欧州のワクチンだと思いますので日本人には強すぎるのかもしれません。夜には回復し、大酒を食らっていまいましたが今のところ問題はありません。

診察券の下の赤い冊子は予防接種の接種履歴を記載してくれます。予防接種の有効期限切れのときや他の医療機関で予防接種を受ける時に使えます。

以上で予防接種は全て完了です。私の場合は全部で40分くらい掛かりました。次回の予防接種のスケジュールを確認して、時期が来たら2回めの予防接種を受けるようにしましょう。

費用

私の払った総費用は1,460バーツでした。明細は診察券作成20バーツ、診察代50バーツ、何かのチャージ30バーツ、抗体検査900バーツ、日本脳炎ワクチン460バーツでした。

ワクチンの価格は他のブログなどから引用すると下記のようになります。若干違ってかもしれませんが大きな誤差ではないと思います。予防接種によっては複数回、受ける必要があります。

A型肝炎(Hepatitis A) :1,400バーツ
B型肝炎(Hepatitis B) 不明
A型+B型肝炎(Hapatitis A+B)混合:1,150バーツ
日本脳炎(Japanese Encephalitis):460バーツ
黄熱病(Yellow Fever):1,000バーツ
腸チフス(Typhoid):400バーツ
ポリオ(Polio):700バーツ
破傷風(Tetanus)/ジフテリア(Diphtheria)/百日咳(Perussis)3種混合:630バーツ
狂犬病(Rabies):350バーツ

予防接種は病気への耐性を高めるには有効ですが、副作用も少なからずあります。ご自身で、有効性とリスクを十分に確認してから、予防接種を受けるようにしてください。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする